養子縁組から1年後、保護施設に戻った犬、380日たってもまだ苦労している

子犬としてシェルターから引き取られ、1年後に返された犬は、引き渡されてから380日以上経った今も二度目のチャンスを待っている。

カリフォルニア州フレズノにあるバレー動物センターの保護施設がロキシーのすべてだった時代があった。 「ロキシーは私たちの保護下で生まれました」と同センターの動物保護養子縁組スーパーバイザー、ルーベン・ホイットニー・カントゥ氏は語った。 ニューズウィーク

「彼女の母親のネラは、非常に妊娠中の母親犬で、摂取から数日後に出産しました。彼女には8頭の健康なメスの子犬がいて、ロキシーもそのうちの1頭でした。」

ロキシーが保護施設の訪問者の目に留まるまでに時間はかかりませんでした。そして、彼女が引き取られるとすぐに、スタッフが彼女の永遠の家であると考えていた場所へ向かいました。 しかし1年後、彼女は戻ってきました。 「ロキシーが私たちに連れ戻された理由は、彼女が家畜と共存できなかったからです」とホイットニー・カントゥさんは語った。

ロキシーは避難所での生活に戻るのに苦労した。 「彼女は歩き回る土地があることに慣れていましたが、今では突然4フィート×8フィートの犬小屋に入れられました」とホイットニー・カントゥさんは語った。 「彼女は体重を増やすのに苦労していました。ストレスを感じ、吠え、犬小屋の中で回転していました。」

公園への訪問など、避難所の住民の日常生活を改善しようとする努力が払われているが、それでも、それはロキシーが以前の家で楽しんでいた経験とは程遠いものだった。

それにもかかわらず、ホイットニー・カントゥ氏は、ロキシーは特別な人にとって完璧な犬のパートナーとなるために必要な資質をすべて備えていると語った。

「ロキシーの好きなことは、人々と一緒にいることです」と彼は言った。 「彼女は一緒に時間を過ごしてくれるスタッフやボランティアのことが大好きです。車に乗るときは素晴らしいことをしてくれますし、公園に遊びに行ったりするのも楽しんでいます。」

しかし、最初の引き取り手から返されてから 380 日以上が経過した今も、ロキシーはもう一度幸せのチャンスが与えられることを望んで待ち続けています。

悲しい現実は、彼女が子犬ではなく成犬になった今、完璧な飼い主を見つける可能性は少し低くなっているということです。 犬はそれぞれ異なりますが、研究によると、子犬は保護施設システムの中で人気のある存在であり続けます。

ウェブサイト「Priceonomics」がオンライン養子縁組プラットフォーム「Petfinder」のデータを利用して実施した調査によると、同サイトに掲載されている子犬の95%が最終的に飼い主を見つけられる一方、その割合は若い犬では80%、成犬では75.5%に低下することが判明した。

1年以上も避難所に戻ってきたことも、ロキシーにとって大きな負担となった。

「私たちと一緒に1年が経ちましたが、ロキシーが依然として私たちの世話に精神的に苦しんでいることを事実として知っています」とホイットニー・カントゥさんは語った。 「私たちは、ペットたちに快適に過ごし、豊かさを与え、犬小屋からできるだけ多くの時間を過ごしてもらうために全力を尽くしていますが、彼らが受けるべきものを得るには決して十分ではありません。ロキシーには自分の家族を持つ権利があるのです。走り込み、残りの日々を甘やかして過ごすための庭です。」

ホイットニー・カントゥさんは、長い時間を一緒に過ごしてきたので、ロキシーにふさわしい家族や飼い主のタイプについてかなり明確な考えを持っています。

「彼女の次の家族は、積極的で彼女と一緒に働く準備ができている必要があると思います。現時点で、彼女にとって最良の家庭環境は、家の中で彼女が唯一のペットであり、家族が彼女の社会性を維持できるようにすることだと思います」スキルだ」と彼は語った。 「ロキシーが大人になって私たちの世話になったとき、彼女が一緒にいて快適に過ごせる犬の友達を見つけるのは困難でした。彼女は大幅に改善しましたが、繰り返しになりますが、これらは訓練を継続する必要があります。」

ロキシーの養子縁組に興味がある人へのホイットニー・カントゥのアドバイスはシンプルです。「会いに来てください」。 「彼女は人間に最も優しい犬です。彼女はその目と笑顔ですぐにみんなを魅了します。他の動物との彼女の闘争は、彼女がまだ若い子犬だったずっと前に訓練され、取り組むべきものでした。しかし、私たちはそうしてきたのです」彼女の行動を正すことに取り組んだので、彼女は誰かにとって素晴らしいペットになると心から信じています」と彼は語った。 「もし彼らが彼女と協力し、彼女にチャンスを与えるつもりなら、彼らはロキシーのような最高の犬を飼うことになるでしょう。」

コメントする