飼い主に型破りな贈り物をもたらす猫が今週のペットに選ばれる

今週、私たちはトリマーに対する攻撃的な行動や、飼い主のホームパーティーで別の猫がショーを盗んだことを理由に、ある猫が「自宅軟禁」に置かれるのを目撃した。 また、毎週の「Pet of the Week」に掲載する注目の動物を探し続けています。

行儀の良いダックスフントでも、面倒なカメでも、読者のペットをラインナップに加えたいと考えています。

ペットに関する面白いビデオやストーリーがある場合は、この記事の最後にある指示に必ず従うようにしてください。

勝者

今週の勝者は、飼い主のミゲル・ギリーさんとミシェル・ジリーさんと一緒に暮らす室内飼いの猫、モンキーです。

「猿は内飼いの猫だ」とミゲルは語った ニューズウィーク。 そして、彼のインドアライフスタイルの結果、彼は常に飼い主の顔に笑顔をもたらす習慣を身につけました。

「彼は私たちにげっ歯類や鳥の贈り物を持ってくる代わりに、ランダムな家具を持ってくることにしました」とミゲルは言いました。

と共有されたビデオで ニューズウィークモンキーのスキルは明らかです。家具を飼い主の元へ熱心に引きずり出す前に、何かを家具に巻き付けます。

「(彼は)そんなキャラクターだ」とミゲルは語った。 「私たちは彼をとても愛しています。」

ファイナリスト

今週の最初のファイナリストは、寄り添ったり取って来いをするのが大好きな 3 歳の白黒フレンチ ブルドッグのクリードです。

ニューヨーク州北部に住むクリードは、3月31日に4歳になる。

「彼は公園で長い散歩をしたり、子供たちと遊ぶのが大好きです」と飼い主のシアラ・リン・ラモスさんは語った。 ニューズウィーク

食べ物に関しても、クリードは好き嫌いがはっきりしています。 「彼はニンジンとエンドウ豆が嫌いですが、バナナとブルーベリーは大好物です」とラモスさんは語った。

今週の次の最終候補は、マリリン・ウェルズが孫娘のために子犬を購入した、大人気のドレイリーです。ドレイ・ドレイまたは甘やかされたプリンセスの子犬としても知られています。

「彼女は家の中の毛布はすべて自分のものだと信じている」とウェルズさんは語った。 ニューズウィーク

「家のどこで毛布にくるまって番組を見たり本を読んだりしようとしても、愚かな人間が自分のものだと気づくまで、彼女は飛んできて根付き、もがきます」とウェルズさんは語った。

9歳のドレイリーが、甘やかされたライフスタイルを楽しんでいることは明らかだ。「ドレイリーは人間のお姫様であると自認しており、犬だと思われたくないのです」とウェルズ氏は付け加えた。

今週最後になりましたが、飼い主のリー・ライアン・オーエンズさんが動物保護施設から引き取った雑種犬のシドニーです。

「里親として失敗したので、私たちはシドニーを群れに加えました。彼女を手放すわけにはいきませんでした」とオーエンズさんは語った。 ニューズウィーク

現在、シドニーは4匹の毛皮の兄弟とともにねぐらを統治している。 スタイリッシュな保安官帽をかぶったシドニーの写真とともに、飼い主はシドニーが町で一番新しい保安官だと語った。

「日中は鳥やリスが近づかないように注意深く監視しています」とオーエンズさんは語った。 「夜になると、彼女は庭でオポッサムやアライグマの気配を監視する見張り番です。」

コメントする