生意気なシーズー、ソファで横たわった飼い主を完全に「批判」

シーズーが飼い主の言いなりになるのではなく、ソファでくつろいでいるのを発見した後、飼い主に「生意気な態度」をとっている様子が撮影された。

今日のペットにとって、飼い主は四つ足のペットを甘やかすために倒れ込むなど、これまでにないほど良い状況にありました。 ペット小売業者 Zesty Paws の代理で OnePoll が実施した 2,000 人の犬と猫の飼い主を対象とした世論調査では、回答者の 65% が日常的に 4 本足の友達を甘やかしていると認めています。

しかし、カナダのオンタリオ州に住むナダリナ・フランシックさんの動画が示すように、これほど大きな期待を寄せるのは疲れることもある。 フランシックは必ずしも6歳の愛犬フランキーを甘やかすわけではないが、注目の的になることに慣れているのは明らかだ。

そのため、フランキーテシットというハンドル名でTikTokに投稿されたビデオが明らかにするように、フランシックがソファで20分間の昼寝を楽しんでいるのを最近偶然見かけたとき、彼は決して幸せではなかったことが明らかになった。 このクリップでは、フランキーが横になっている飼い主を「判断」している様子が見られるが、フランキーは「1日18時間」睡眠をとっていることから、これは特に裕福だと感じた。

「長い一日働いた後、疲れていたんです」とフランシッチは語った。 ニューズウィーク。 「フランキーは明らかに注目を集めていませんでした。彼は私に寝てほしかったのではなく、むしろ注目して一緒に遊んでほしかったのです。そうしないと、隅で泣き始め、口をとがらせ始めました。」

しかし、今はフランキーが表舞台に立っているかもしれないが、常にそうであったわけではない。

「フランキーは実際、私がもう一匹飼っていた犬が癌を患い、残念なことに旅立っていたときに私の人生にやって来ました」とフランシックさんは語った。 「もう一匹犬を飼うのはタイミングが悪いと思っていたので、母がもう一匹犬を飼いたがったときはとても罪悪感を感じました。」

フランシックさんは最初、フランキーさんにずっと注意を向けることができませんでした。フランキーさんはまだ瀕死のもう一匹の犬の世話をしていたからです。 しかし、フランキーの死後、フランキーは彼女の拠り所でした。

「彼は、悲しみの過程で私をとても助けてくれました」と彼女は語った。 「彼はくねくねと私の心の中に侵入してきました。そして、その後は歴史になりました。今ではフランキーのいない私の人生は想像できません。」

フランキーは幅広い趣味や興味を持っています。 「彼の一番好きなことは食べることです」と彼女は言った。 「彼は、匂いを嗅いだり、バラの香りを嗅ぐために立ち止まったりできる短い散歩も大好きです。そして、夕日を見るのが大好きです。夏の間は、いつも一緒に夕日を眺めています。」

フランキーは注目を集めないと「反応」してしまう傾向があることをフランシックは認めているが、そうしているのは彼だけではないと彼女は考えている。 「それは他の犬と同じだと思います」と彼女は言った。 「彼はいつも隅っこで口をとがらせたり泣いたり、あなたの靴を盗んだり暴挙をしたりしてあなたの注意を引こうとします。」

しかし、フランシックさんは、このような状況での愛犬の判断に少しうんざりしているように見えるかもしれませんが、ありのままのフランキーを愛しており、ソーシャルメディアで彼のクリップをもっと共有することを楽しみにしています。

「彼は愚かな小さな男で、TikTokの人々は私と同じように彼の怠惰で生意気な態度を愛しています」と彼女は言いました。

コメントする