男性が保護犬を「誰も欲しがらない」と連れ出す、彼らの反応はプライスレス

犬の身体と精神の両方の健康を維持するには、運動と日常生活の充実が必要です。

だからこそ、ノースカロライナ州の海兵隊員でボランティアのドッグトレーナーが、誰も欲しがらなかった犬でいっぱいの保護施設に行き、「この犬たちがどんな人間なのか」を人々に見せる目的で、すべての子犬を連れて上手に走らせることにしたのだ。 犬たちが気に入ったと言っても過言ではありません。

彼が先週の木曜日にforthedogs_というユーザー名でTikTokに共有したバイラルなクリップでは、現役の米国海兵隊士官であるウェスリー・スウェインストンがジャクソンビルの保護施設に現れ、すでに彼のことを知っていて危険な犬たちを連れ出す準備ができているのが見られる。彼らは彼に会ったときの喜びを抑えきれなかった。

このバイラルな投稿にはキャプションが付けられており、「誰も引き取りたがらない保護犬たちと一緒に走りに来てください。保護犬たちと一緒に走りましょう!彼らを引き取りませんか??」と書かれている。

犬のランニング動画も同じユーザー名でインスタグラムで話題になっているスウェインストンさんはこう語った。 ニューズウィーク: 「私は走るのが大好きで、仕事が終わった後は毎日避難所でボランティア活動をしています。私は現役の米海兵隊士官です。1 年後に出所したら、旅行トレーナーになるつもりです!

「私はアダプション・ファースト・ジャクソンビル・ノースカロライナで犬を訓練しています。ボランティアトレーナーとしての私の使命は、犬を「訓練」することではなく、彼らの犬がどんな人間になり得るかを人々に示すことです。シェルターの職員の仕事は運動を訓練することではないということを人々は理解していません。 「犬です。そこでボランティアの出番です。犬は走ったり動いたりするのが本来の姿で、犬の生活に本当に変化をもたらしますし、犬を訓練したり一緒に仕事をしたりするのがずっと簡単になります。」

スウェインストンさんは、保護犬と一緒に走ることは運動であり、ランニングコミュニティは強力で包括的であると語った。

「人生を変えるマイルを獲得してみませんか? それは最高です! 私のビデオが拡散すれば、通常、犬は養子縁組に苦労することはありません!」

実行中のビデオに登場するのは、現在養子縁組試験中の猟犬のシンディとオーストラリア人のホンドーです。 まだ興味を示していないのは、雑種のピクシーとオーストラリアのルースターです。

犬が1日に必要な運動量は、とりわけ子犬の年齢、品種、健康状態などによって異なりますが、ザ・ドッグクリニックの一般ガイドラインでは、犬は毎日少なくとも30分から2時間の運動に費やす必要があると示唆されています。

ただし、すべてのエクササイズを一度に行う必要があるわけではなく、過度の疲労を避けるために数回のセッションに分けた方がさらに良いとウェブサイトでは説明されています。

@forthedogs_

保護犬と一緒にランニング! 採用してみませんか?

♬ パリ – 3Hzwave

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入り、その数は1日平均1万7,260匹に上る。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 このプラットフォームではこれまでに200万回以上の視聴と266,200件の「いいね!」を獲得している。

コメントする