ペットの飼い主に日食警報発令

今後皆既日食が起こる地域に住んでいる、あるいはそこへ旅行するペットの飼い主は、ペットが苦痛にならないよう屋内に留めておくよう求められている。

専門家らは、動物が太陽の方向を向いても危害を加えられる可能性は低いとしながらも、ペットが人間の大群に反応するのではないかと懸念し、近づかないように求めている。

メイン州オリントンにあるキンドレッド・スピリッツ獣医院の獣医、クリス・バリー氏は水曜日、地元ニュースチャンネルWABIに対し、「そうすれば、他の人が非常に興奮しているときに彼らは怖がらなくなります」と語った。 「私は動物が外に出て不安になるのではないかと心配しています。そうでないよりも、奇妙な状況にいるほうが不安です。」

4月8日には、太陽が月によって完全に遮られる皆既日食が、メキシコ北部から中西部を経てニューイングランドに至る経路に沿って、さまざまな時間にわたって見られることになる。 皆既の道、つまりそれが見られる地域は、テネシー州とミシガン州の小さな地域だけでなく、13 の州にも及びます。

連邦道路局は、皆既日食の経路上には約3,200万人が住んでいるが、さらに100万から500万人が皆既日食を見るために最高の観察場所に旅行すると予想され、一部の地域では食料やペット用品が不足するのではないかとの懸念が高まっていると述べている。 。

獣医機関は、天体の光景を見る際に人間が目を保護するという警告を受けて、ペットの飼い主が最も懸念しているのは、太陽を見ることで毛むくじゃらの友達が危害を加えられるかどうかだとしている。

しかし彼らは、明るい光を見ることを避ける傾向がある犬や猫にとって、これが問題になる可能性は低いと断言した。

フロリダ州ウェストメルボルンのメイベック動物病院は先週、「犬や猫は太陽を直接見つめるので、太陽から発せられる明るい光を嫌がるのが一般的だ」と述べた。 「目を細めたときに不快感を感じるだけで、太陽を直接見たいという好奇心を打ち消すのに十分です。」

そのため、一般的な家庭のペットは「通常よりも太陽を見つめる傾向がなかった」可能性があります。

ペットの飼い主も、四本足の友達に日食メガネを与えようとしてはなりません。 「顔に何かがあると不安になるだけだと思います」とバリーさんはWABIに語った。

ペットが自分から太陽を見ることはまずありませんが、アメリカ動物虐待防止協会は、ペットは「私たちがどのように反応しているかに細心の注意を払っているため、ブラインドやカーテンを引いた室内で飼うのが最善です」と述べています。状況を反映し、私たちの行動を反映することができます。」

科学的研究を実施する機会が限られているため、日食自体が動物の行動にどのような影響を与えるかについてはほとんど知られていません。 しかし、動物は太陽の周期を利用して日々のパターンを調整する傾向があり、日食によって混乱が生じ、潜在的に不安を引き起こす可能性があることを科学者は知っています。

シラキュース大学で動物の行動を研究するオースティン・ガーナー教授(生物学)は火曜日、「研究者らは、ほとんどの動物が皆既日食が近づくと夜間の日課を開始することで日食に反応することを発見した」と述べた。 「カエルやコオロギなど、夜の合唱で一般的な動物の鳴き声は歌い始めるかもしれませんが、ほとんどのセミなど、昼間に鳴く動物は歌うのをやめるかもしれません。」

同氏はさらに、犬や馬などの家畜や一部の動物園の動物は、日食中に「沈黙して静止する、歩調を合わせたり集団で行動し始めたり、特に警戒したりする」などの神経質な行動を示すことを示唆する研究もある、と付け加えた。

ノースカロライナ州立大学の生物学教授アダム・ハートストーン・ローズが2017年に米国で起きた最後の皆既日食の際に行った動物園の動物の行動に関する研究では、ガラパゴスゾウガメが交尾を始め、キリンが疾走し始めたことが判明した。追われた。

コメントする