ドッグフードバンクはおやつの寄付を受けて興奮して箱を開ける

ボランティアベースの動物フードバンクに、寄付金の一つに使用済みの鋭利な針が詰め込まれていたため、心配と懸念が寄せられました。

アリソン・スミスさんは、解雇やインフレの影響で人々が家計のやりくりに苦労しているのを見て、2021年に英国に本拠を置くYour Pet Food Bankを立ち上げた。 彼女はまた、動物保護施設や救助活動が引き渡しの増加に圧倒されていることに気づいた。 人々はペットはおろか自分自身の世話もできないという考えが、ペット フード バンクのアイデアを生み出すのに役立ちました。

それ以来、Your Pet Food Bank は人々がペットフードを寄付できるようにいくつかのドロップオフ場所を設置しました。 その食料は、苦しんでいる困っている人たち、フードバンク、コミュニティセンター、ホームレス保護施設に寄付されます。

先月、スミスさんを支援している両親が犬のおやつの箱を開け始めたところ、それがまったく犬のおやつではないことに気づきました。 代わりにスミス氏はこう語った。 ニューズウィーク それは約5リットルの使用済み針でした。

ショックを受け、全く予想外だったスミス氏は、この発見をサブレディットチャンネル「r/Wellthatsucks」へのレディット投稿で共有した。 投稿には 4,200 票を超える投票と 60 件のコメントが集まり、この不幸な状況にユーザーも同様に唖然としました。

スミス氏とボランティア全員は、各寄付品を調べて、期限切れか未開封かを確認します。 どちらかが真実であれば寄付することはできませんが、未開封の食べ物やおやつであれば、野生動物保護区や保護区に寄付できる場合があります。

両親が犬のおやつ箱を振ったとき、ビスケットのような音がしたと彼女は語った。 しかし、もちろんそうではなく、その箱がどこから来たのかを彼女が追跡する方法はありません。

この状況で彼女が見つけた唯一のポジティブな点は、それを発見したのが彼女の両親だったということです。 二人とも看護師と警察官として以前の仕事で針を扱った経験があります。 彼らはこの状況で何をすべきかを知っており、ありがたいことに怪我をしたりつつかれたりすることはありませんでした。

彼らはペットが怪我をしないように、ペットを部屋から締め出しました。 それから彼らは針をテーブルの上に置き、手を伸ばして針をつかむのではなく、針を1本ずつ拾い、慎重に捨てました。

チームは危険物用のゴミ箱を入手し、針を適切に処分するために自腹を切らなければならなかった。

スミスさんは、それが間違いで悪意がなかったことを願っていますが、どうやら箱には「鋭い」という言葉が走り書きされていたようです。 その人は代わりに「使用済み」と書きました。

「私はそれを3年間続けています」とスミスは語った ニューズウィーク。 「私たちはますます忙しくなり、幸いにも外出がますます受け入れられるようになりましたが、針を刺されるとは思っていませんでした。」

Redditユーザーの反応

Redditユーザーはスミスがそのような寄付を受け取ったことが信じられなかった。

あるユーザーは「申し訳ないが、こんなことは起こるはずがない」と書いた。

別の人は、「誰かが意図的にこれをしたのではないことを本当に願っています」と付け加えた。

3人目の人は、「あれはインスリン針だ。糖尿病の猫にも同じものを使っている。それでも箱ごともらったのはナンセンスだ。ビスケットをもらえなかったのは残念だ」とコメントした。

注射針の処分に手助けが必要な人にアドバイスを提供する人もおり、レディットユーザーの一人は次のように書いている。「分からない人のために、地元の薬局か病院に鋭利物入れをリクエストしてください。これは主に毎日注射をする人向けです。」私の地元の薬局ではそれらを無料で提供し、廃棄用のゴミ箱も引き取ってくれます。」

コメントする