100日間保護された犬、ほとんど希望を失いかけたが、その後すべてが変わった

フロリダの保護施設で100日間待ち続け、ほとんど希望を失いかけた犬が、ついに永遠の家を見つけた。

タンパベイ動物愛護協会(HSTB)に住む8歳の犬、デュークは、2023年12月に野良犬として保護施設にやって来た。

HSTBのリーガン・ブレシンガー氏は「年齢にもかかわらず、デュークは非常にエネルギッシュで、自分がどれだけ大声で演奏できるか、どれだけ速く演奏できるかを誇示するのが好きだった。つまり、彼は皆のエネルギーレベルに及ばなかったということだ」と語った。 ニューズウィーク。 「幸運なことに、彼は素晴らしい広い裏庭と一緒に過ごせる時間を持っている人を見つけたので、エネルギーをすべて出し切って好きなだけ走り回ることができます。」

保護施設は水曜日、フェイスブックページで、退職者で以前保護団体から引き取ったナンシーさんが保護施設入所101日目にデューク君を引き取ったという嬉しいニュースを共有した。

最近最愛のペットを亡くした後、ナンシーは空き家で孤独を感じており、仲間を求めてHSTBを訪れました。

この訪問中に、彼女はデュークに紹介され、二人はすぐにつながりを築きました。

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入り、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

「彼の新しい母親であるナンシーは、過去8年間にHSTBから2匹の犬を引き取っており、熱心な動物愛好家であり動物擁護者でもあります」とブレシンガーさんは語った。 ニューズウィーク。 「とても犬に優しい地域にある新しい庭で、彼はとても楽しい時間を過ごすでしょう。そこではたくさんの友達に会えるでしょう。」

避難所がフェイスブックページで良いニュースを共有すると、支援者たちはコメント欄で興奮した。

エイミーさんは「とてもうれしい」と書き、フェイスブックユーザーのジョアンさんは「あなたとデュークが一緒にたくさん幸せな日々を過ごせるように神のご加護を」と投稿した。

サンディは「今日…週…月のベストニュース!」と投稿した。 コニーは「おめでとうございます。新しい家族と素晴らしい生活を送ってください」と書いた。

コメントする