シェルター、1日目と233日目の犬の違いを共有:「希望を失った」

シカゴ動物保護管理局によって妊娠が発見された元野良犬のピンキーは、すべての子猫が家に戻されたにもかかわらず、今も永遠の住処を探している。

この犬は現在、シカゴランド地域の有名な非殺処分動物保護施設であるボーダー・テイルズ・レスキュー(BTR)で230日以上を過ごしている。 2019 年に「情熱的な」 20 歳のハーリー ガルシアによって設立された BTR は、地域最大の救助センターの 1 つに成長しました。

「ピンキーはもともと野良猫としてシカゴ動物保護局によって発見され、そこで彼女が妊娠していることが判明した」とBTRの広報担当者トリ(姓は明かさなかった)は語った。 ニューズウィーク

「私たちは彼女を子犬のいる場所に引き取り、生まれた日から子犬全員で育てました。子犬たちはそれぞれ永遠の家を見つけましたが、ピンキーはまだ家を探しています。彼女は愛情深い子犬を探しています。」家族は彼女を活動的に保ち、他にペットは飼っていません」とトリさんは付け加えた。

2023 年だけでも、このシェルターは 2,200 件以上の養子縁組を促進し、多数の迷子の犬を飼い主に返しました。 BTRはまた、米国国境を越えてプエルトリコとメキシコにも国際救助活動を拡大した。 この保護施設は、複雑な動物保護の世界において、高度な医療に重点を置いていることに誇りを持っています。

こうした成功にも関わらず、スタッフは彼女を永遠の家族のもとに迎え入れようと懸命に努力している一方で、ピンキーは依然として保護施設の保護下にある。

ピンキーの話は、多くの保護団体が直面している憂慮すべき問題、つまり、困っている犬の引き取り先を見つけるのに苦労していることを浮き彫りにしている。

保護施設(@bordertailsrescue)は、救助犬を探している人々にピンキーの存在を知らせることを期待して、6日前にピンキーの涙を誘う物語をオンラインで共有することにした。 避難所での彼女の長い生活を記録したTikTokの投稿は、これまでに170万回以上閲覧されている。

この投稿には、「保護施設は犬にとって厳しい場合があります。養子縁組や里親を考えている方は、犬の長期飼育を検討してください!」とのキャプションが付けられている。

最近、長期保護施設居住者の同様の話がメディアの注目を集め、ペットの養子縁組についての全国的な議論を引き起こしている。

ニューズウィーク 8月に、オンラインで心を溶かしたものの、一度も養子縁組申請を出さずに2年以上もサンディエゴの保護施設に留まったピットブルのミックスについて報告した。

3か月後、 ニューズウィーク 調査の結果、米国の保護施設全体で犬の引き取りが減少しており、その結果、多くの保護施設が定員を超過していることが明らかになった。

コメントする