フレンチ・ブルドッグのダックスフントが「拷問繁殖」に苦しむ

ダックスフントやフレンチ ブルドッグは愛らしく、最も魅力的なペットのひとつかもしれませんが、動物愛護活動家らはこれらの繁殖を完全にやめるべきだと主張しています。

この2犬種は、トレードマークであるフレンチーの平らな顔とダックスフントの小さな足を持つように育てられてきたが、現在ではこれらの特徴が極端すぎて、多くの犬が呼吸や適切な歩行に苦労しており、健康上の問題や飼い主の高額な獣医費につながっている。

このため、米国やヨーロッパの動物愛護活動家たちは、動物にとって生きづらくなる特性を持った犬の繁殖を禁止するか、少なくともこれらの有害な特性を推進することを制限すべきだと提案している。

動物の政治的保護を研究するノースイースタン大学の哲学助教授マーク・ウェルズ氏は、「誰かが動物を傷つけるために繁殖しているかどうかは分からない」とノースイースタン・グローバル・ニュースに語った。 「しかし、飼い主は、フレンチ・ブルドッグが呼吸するたびに苦しむことに慣れてしまいます。」

フレンチ ブルドッグやパグなどの品種は、特徴的な平らな顔を持つように選択的に品種改良されてきました。 この短く平らな頭蓋骨の形状は呼吸器系の問題を引き起こす可能性がありますが、狭い鼻孔、細長い軟口蓋、狭い気管により、特に高温多湿の天候では呼吸困難を引き起こす可能性があります。

「パグであることはいろいろな意味で楽しいことではない」とウェルズさんは語った。

ダックスフントやウィンナー犬は体が長くて脚が短いように品種改良されているため、これらの犬は椎間板疾患を患うことがよくあります。椎間板疾患とは、椎骨間の椎間板が変性またはヘルニアを起こし、痛みや麻痺を引き起こし、重篤な場合には、手術の必要性。

ドイツ語にはこんな言葉があります――クアルツヒト—このような犬種と関連付けて使用されることが多く、「拷問飼育」を意味します。

「哲学的な観点から見ると、私たちは動物福祉を懸念しており、繁殖は多くの動物の苦しみの主な原因のように思えます」とウェルズ氏は語った。 「犬の繁殖に関する倫理的問題は、私たちが世界にもたらしている苦しみを真剣に受け止めていないことです。これらの犬を別の方法で繁殖させることもできたはずです。」

このような形質の繁殖を禁止することで、ペットの飼い主の間でその形質に対する一般的な需要が減ることを期待しています。これが、極端な形質が一般的になった主な要因です。

「100年前の犬種は、今の犬とは見た目が大きく異なります。ボクサーは見た目が違います。鼻がありましたが、今はありません。ダックスフントは足が長かったです。バセットは足が長かったです」とエンジェル動物医療センターの臨床行動学者、テリー・ブライト氏は言う。ノースイースタン大学の心理学助教授はノースイースタン・グローバル・ニュースに語った。

「ジャーマンシェパードは今、飛節で歩いています。なぜ誰もそのことについて話さないのですか?」 ブライトが尋ねる。

最近、これらの犬の繁殖を法的に制限しようとする試みがいくつかあったが、こうした動きは反発に遭っている。

ニューハンプシャー州では最近、「苦しみを引き起こす」特性を持つ犬の繁殖を禁止する法案を可決しようとしており、アメリカンケネルクラブは提案された議会を「過激派」と呼んで3月28日に上程された。

ドイツもまた、その極端な特性により痛みを抱えて生きる犬の「残酷な」繁殖を禁止する動物福祉法を可決しようとしたが、これも反発に遭った。ドイツケネルクラブは「私たちのお気に入りの犬を救え」という請願を立ち上げた。新しい法律によりダックスフントの飼育が禁止されると主張した。

「ダックスフントは苦しみを伴うものでなければならないと考えない限り、彼らはダックスフントを禁止しようとしているわけではありません」とウェルズ氏は語った。 「基本的に、彼らは苦しみを引き起こすこれらの形質の普及から繁殖慣行を遠ざけようとしているのです。」

しかし、すべての研究者が禁止という考えに同意しているわけではない。

「誰が鼻を測るの?」 ブライトさんは尋ね、禁止令によって奇形とみなされた犬はどうなるのか疑問だと付け加えた。 「彼らを溺れさせますか? 渡しますか?」

動物愛護団体は、犬の競技会で見られる極端な特徴から離れて、人々が考える犬種の理想的な姿を再構築したいと考えている。

「私たちは、たまたま飼っている犬を単に品種に分類するのではなく、自分の想像力に合わせて犬を繁殖させます。だからこそ、私たちの想像力を変えることが、この問題にとって非常に重要なのです」とウェルズ氏は言う。 「苦しそうな呼吸をせずにフレンチ ブルドッグを想像できるでしょうか?」

科学の話についてヒントはありますか? ニューズウィーク カバーするべきですか? 犬の飼育について質問がありますか? science@newsweek.com までお知らせください。

コメントする