男性が新しい里親犬について予期せぬことに気づき、「DNA検査をしたほうがいいでしょうか?」

里親が育てた野良犬に対する卑劣な疑惑がTikTokで話題になった。

マシュー・スピアーさん(30)は最近、テキサス州ヒューストンの路上で発見されたシニア犬「ポンポン」を育てた。 その後、彼女は彼がボランティアをしている動物保護施設に運ばれた。

彼女は彼の養子犬フランキーに似ているだけでなく、彼女の物語も同じです。

彼が言った ニューズウィーク: 「ポンポンとその子犬の一頭は、私の犬フランキーと同じ地域で野良犬として発見されました。」

4月7日、彼はTikTokで偶然の出来事をシェアし、464,900回の再生回数を記録した。

81,000件以上の「いいね」がついているこの映像には、ポンポンがコーンをかぶってシュペーアさんに注意を促す様子が映っている。

「第一夜は新しい保護犬と過ごしたが、今回は違う」と書いている。

彼はまた、ポンポンがフランキーの「2倍」の年齢であると指摘しました。

テキストには「これは私の犬の母親だと思う」と書かれており、ビデオは2匹が並んでいる写真にスキップする。

コロラド州フォートコリンズの非営利動物福祉団体アニマル・フレンズ・アライアンスで働くスピアーさんは、2頭の犬が保護施設に辿り着くまでにレスキュード・ペット運動を通じて1,000マイル以上を旅したと説明した。

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年約 410 万頭の保護動物(犬 200 万頭、猫 210 万頭)が引き取られています。

インターネットはフランキーとポンポンが血縁関係にあると確信しており、人々はシュペーアにポンポンのDNA検査を受けるだけでなく、彼女を引き留めるよう強く勧めている。

シュペーアは語った。 ニューズウィーク フランキーはすでに遺伝子検査を受けており、チワワ、ポメラニアン、ピットブル、プードル、アメリカン・エスキモー・ドッグ、シーズー、ヨークシャー・テリア、ペキニーズの混血であることが判明したという。

「ポンポンはDNA検査を受けます!」 彼が言った ニューズウィーク。 「彼女の結果が出るまでには数週間かかりますが、私たちは皆、どんな品種がこのような愛らしい犬を生み出すのかを見るのを楽しみにしています。」

あるTikTokユーザーは「不気味だ!!DNA検査をしてみたい。とにかく結果を見るのはとても興味深い」と語った。

別の人は、「ああ、彼女を飼わなければなりません。彼女は自分の『パック』を見つけました。」と言いました。

3人目のコメント投稿者は、「これは里親不合格である必要がある。この貴重な赤ちゃんを飼わなければならない」と述べた。

TikTokユーザーがシュピア氏に毛皮で覆われた家族を増やしてほしいと懇願している中、シュピア氏はこう語った。 ニューズウィーク たとえ彼女がフランキーの母親であっても、彼はポンポンを養子にするつもりはないと。

同氏は、「ペットを飼う上で最も重要なことの一つは、自分の限界を知ることだ。

「私は現在犬と猫を飼っていますが、とても良い生活習慣とバランスを保っています。私は里親になるのが大好きで、特に子猫を育てるのが大好きですが、犬の里親になるのは私にとって初めてのことです。家には里親を続けるスペースも時間もありません」ポンポンを採用したら。

「私は、愛情深い家族を見つける旅を手伝うすべての里親たちと特別な関係を築いています。過去の里親たちについての最新情報や、人間が新しい家族の一員を持ってどれほど喜んでいるかについての最新情報を受け取るのはやりがいのあることです。」

コメントする