家族を待つ保護犬、1330日後にハッピーエンドを迎える

2020年8月以来、サンアントニオの保護施設で暮らす犬は、来る日も来る日も家族の救助を待ち続けていた。 彼女にハッピーエンドが訪れたのは、先週の土曜日のことだった。

レインは元々、飼い主の仕事が海外に移ったため、犬の妹と一緒に引き取られる形で連れてこられた。 内気で控えめな犬であるレインは、引き取られるのに苦労しました。 しかし、彼女の妹はすぐに養子縁組され、レインさんは1,330日以上にわたってコンバース動物保護施設で待機した。

テキサスに本拠を置く動物保護施設は、3年半保護施設内で暮らした後、レインと彼女の里親となる家をついに祝っている。 レインは里親募集の家で、試験的に家族と一緒に暮らし、永遠に引き取られることを期待している。

ニューズウィーク 追加情報については、Converse Animal Shelter に電子メールで問い合わせました。

レインさんはすぐに新しい家に慣れ、家の中を走ってソファに乗り込んで自分の場所を決めたとKENS5が報じた。 そして、彼女は長い間避難所にいた後、ソファの上の快適な場所に値するものでした。

レイン君の新しい家族は保護施設のページにフェイスブックのコメントで「レイン君はとても元気です。彼女が私たちの家族の一員になったことをとても嬉しく思います」と書いた。

レインがハッピーエンドを迎えたと聞いて感激していますが、他にもまだたくさんの動物たちが保護施設の環境に数か月、あるいは数年も閉じ込められ、引き取られるのを待っています。

ロキシーのように、引き取られた後に返される犬もいます。 この犬は現在、再び引き取られるのを1年以上待っています。 残念なことに、他の犬たちは避難所での生活しか知りません。 ジングルズは、ルーマニアの道端で子犬のときに保護されて以来、10年近くも引き取られるのを待っていた。 これらの動物たちにとって希望はすぐに消えてしまうかもしれません。

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、その数は1日平均1万7,260匹に上る。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

コメントする