シェルター、7年ぶりに手放した犬「病気で疲れた」と激怒の投稿をシェア

ダラスの保護施設は、自分には何の落ち度もないのに、7年も経った犬が家族に手放されたことを受けて怒りを共有した。

7歳のドーグ・ド・ボルドー犬ルーニーは、新生児が生まれた後、飼い主によって保護施設に捨てられた。

家族は彼を地元の動物管理保護施設に預けたが、そこは過密状態で苦戦していた。

かつて愛したペットは、恐怖の香りが漂う重苦しい雰囲気の中にいることに気づきました。一方、スペース不足という厳しい現実により、そこで多くの犬が安楽死の危機に瀕していました。

動物管理保護施設は、ルーニーが去勢され、家の訓練を受けており、他の犬とも仲良くできていたにもかかわらず、「赤ちゃんを産んだのに十分な配慮ができなかったために引き渡された」と伝えた。

ルーニーの運命は不確かだったが、ダラスの保護施設「ローンスター・ドッグ・ランチ&ドッグ・ランチ・レスキュー」と協力する運送業者リッキーが介入し、車でシェルターに向かい、少額の17ドルの手数料を払ってルーニーを連れ去った。 彼がセンターに到着したとき、スタッフは同様に心を痛め、激怒した。

ローン・スター・ドッグ・ランチ&ドッグ・ランチ・レスキューのフェイスブックページには、「赤ちゃんが生まれて、生活が変わったからといって、『犬を手放す』人にはもううんざりだ」と、怒りに満ちた投稿があった。 。 「ドッグ・ランチ・レスキュー・ルーニーへようこそ。あなたはもうシニアですが、人生に失敗があったからといってあなたを再び捨てない家を見つけます。」

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

4月11日にドッグ・ランチ・レスキューに到着したとき、ルーニーは下痢とストレスに苦しんでいた。

現在、彼は以前の避難所で病気になったのではないかとの恐れから隔離されていますが、静かで快適な環境にいるため、再び安全だと感じ始めることができます。

救助隊員らはフェイスブックページへの投稿で、遠慮することなくこう述べた。「いつも思うんだけど、並んでいる間、気分が悪くなったことはありませんか?立ち去るときに彼を振り返りましたか?彼が尋ねる顔を見ましたか?」あなた「一体何なの?」 5分後、10分後には彼のことを忘れましたか?」

ルーニーが置かれた悲痛な状況にもかかわらず、シェルターは現在、ルーニーが最高の人生を送れる新しい家を見つける手助けをすることを決意しています。

Dog Ranch Rescue のローラ・ギャロウェイ氏はこう語ります。 ニューズウィーク: 「私たちは彼が医学的に何を必要としているのかを確認し、他の犬との評価を開始して、巨大な品種のシニア犬にとってどのような家が最適であるかを決定します。」

コメントする