キルシェルターから救出されたチワワ、フロリダワニに「追われる」

世界で最もよく旅をした救助犬の一人に数えられるチワワは、ワニに追いかけられたというまさにフロリダの体験をした。

シニアチワワのミックス犬、ジョナサンは10年前、飼い主のアマンダ・クレッカーさん(37)によって殺処分施設から救出された。 それ以来、彼女は子犬にできるだけ多くの世界を見せることを自分の使命としてきました。 しかし、フロリダへの最近の旅行は、二人にとって常に忘れられない思い出となるだろう。徒歩で帰宅する途中、ワニに付きまとわれていることに気付いたからだ。

ジョナサンとの旅行が「一番の趣味」だと語るクレッカーさんはこう語った。 ニューズウィーク 彼らは州内の祖母を訪ねる前に、グローバルペットエキスポで講演するためにオーランドを訪れていた。

「祖母の住む地域にあるゴルフコースの池を修理するために水を抜いていたのですが、水が引くとワニが動き出すのでしょう」とクレッカーさんは語った。

「ジョナサンを散歩に連れ出していると、家の前のレンタカーの下にワニが横たわっていると叫びながら通りの向かい側から走ってきた人がいた。

「私はすぐにジョナサンを地面からすくい上げ、家の中に入るために家の横を回りましたが、ワニはドアのすぐ近くまで私たちを追いかけ続けました」とクレッカーさんは付け加えた。

彼女によると、ワニは最終的には歩き去る前に「家の半分を一周したこともあった」という。

クレッカーさんはこの事件の動画を自身のTikTokアカウント(@jonathanwarrenthedog)に共有した。 彼女は、他の誰もが「フロリダ、ディズニー、自然の美しさを美化している」一方で、彼女と彼女の犬は「家に戻るワニに追いかけられた」と語った。

モンタージュ写真には、ジョナサンを運ぶクレッカー、その後ろから忍び寄るワニ、安全に家の中に入ったジョナサンが窓からそれを眺め、そしてワニが最終的に諦めて這い去る様子が描かれている。

クレッカーが最初にジョナサンを救出したとき、ジョナサンはジョニーとして知られていましたが、彼女はこう言いました。 ニューズウィーク: 「彼に会ったとき、彼の性格はジョナサンに似ていることがわかりました。」

彼は現在、ニューヨーク市でクレッカーと一緒に贅沢な生活を送り、定期的な海外旅行でオンラインのフォロワーを獲得しています。

ありがたいことに、クレッカーさんとジョナサンさんは無事で、10回目の「養子縁組」を祝う次の旅行など、これからもたくさんの冒険が待っている。

このシニア犬は世界中を旅しており、ここ数カ月だけでもフィンランドでオーロラを見たり、メキシコで運河ボートに乗ったり、アイルランドの有名な断崖を訪れたりした。

クレッカーさんは、「救出されるまで、ジョナサンは檻の中しか見ていなかったでしょう。ですから、ジョナサンにできるだけ多くの世界を見せることは、さらに特別なことです。」

「ジョナサンは世界で最も旅をしている救助犬であり、美しい現実の負け犬です。私が彼の話を共有する意図は、保護動物に対する否定的な偏見を取り除き、どこから来たとしても素晴らしい人生を築くことができることを示すことです」あなた自身のための。”

ジョナサンのゲイタービデオはオンラインのファンから大きな反響を呼び、4月22日に投稿されて以来、71万4000回以上の再生回数を記録した。

あるユーザーはワニについて「TikTokでみんな知っているよ。ファンだよ!」と書き、クレッカー氏はワニについて「文字通りフォロワーだ」と返信した。

別の投稿者は、「ワニの配布システムが機能しているだけだ。おめでとう!」と投稿した。

ある人は、「フロリダはオーストラリアの長い間失われたいとこだと思う」とさえコメントした。

ジョナサンの旅に触発され、自分のペットを旅行に連れて行きたいと考えている人たちに向けて、クレッカー氏はいくつかのアドバイスを提供した。

「私たちはジョナサンを機内に乗せて旅行するだけで、決して貨物には入れません」と彼女は言い、選択的な旅行でペットを貨物に入れる危険を冒すことは誰にも勧めないと付け加えた。

「ジョナサンはトラベルバッグが大好きです。私からの大きなヒントは、犬が快適に過ごせるように早めにトラベルバッグを持ち出すことです。家の中でそこが豪華で安全な空間であるように感じられるようにすることです。そうすれば、外出中は彼らにとっては親しみがあり、落ち着く感じがするのです。」

クレッカー氏はさらに、「私たちのペットは家族の一員であり、家族全員が一緒に来れば旅行は充実したものに感じられます。犬が旅行に十分快適で健康である限り、それは素晴らしい経験です。」と付け加えた。

コメントする