ゴールデンレトリバーは、お父さんがおもちゃを手に取ると非常に人間的な反応を示します:「リップクイバー」

おもちゃを取り上げられた犬の愛らしく打ちひしがれた反応は、インターネット上で悲痛な感情を引き起こした。

ゴールデンレトリバーのバクスターは、子犬の妹デリラと飼い主のアリア・クローゼさん(27歳)とともにワシントンで暮らしており、すべての犬がそうであるように、甘やかされて贅沢な生活を送っているようだ。

クローゼさんは自分自身をバクスターとデリラの「お母さん」とさえ呼んでおり、ペットの飼い主の間でますます人気が高まっている。

Redfield & Wilton Strategies が実施した調査によると、 ニューズウィーク 調査によると、1,046人のうち63%が、ペットに関して「ママ」または「パパ」という呼び名を受け入れていると認めた。

そして、調査対象者の中で、ミレニアル世代(1981年から1996年の間に生まれた人々)がその称号を引き受ける可能性が最も高く、この層の回答者の69パーセントが、自分が動物の母親または父親であると誇らしげに宣言した。

しかし、バクスターは飼い主に甘やかされているように見えるが、あるバイラルTikTok動画では何千人もの動物愛好家がレトリーバーにもっとおもちゃを与えるよう要求した。

「お父さんがおもちゃを奪うとき」とキャプションが付けられたこの動画は、4月18日にシェアされて以来、170万件以上の「いいね!」と1000万回以上の再生回数を獲得しており、バクスター君がおもちゃを引き裂き始めた後、おもちゃを取り上げられる瞬間が映されている。

クローゼがバクスターにズームインすると、バクスターの目には涙があふれ、口が震え始めた。その様子は、壊滅的に人間的だった。

「ああ、だめだ、だめだ」と、彼女のアカウント The Golden Sibs (@the.golden.sibs) に共有されたクリップで Kroeze さんが言っているのが聞こえます。

そして、4歳のバクスター君が、まさに涙にあふれた子犬のような目をして、これ以上ないくらい悲痛な表情で彼女を見つめるのを見て、彼女は笑い出した。

この愛らしい動画は大きな反響を呼び、TikTokユーザーたちは「あの赤ちゃんにおもちゃを贈ろう」と結集した。

クローゼは語った。 ニューズウィーク バクスターはもともと彼女のボーイフレンドの犬でしたが、「私たちはとても仲良くなり、ほとんど彼を引き取ったほどです」。

彼の悲痛な反応も一度限りではなかった、と彼女は付け加えた。「バクスターがおもちゃを取り上げられるたびに、彼は口をしゃべります。」

バクスターさんの動画に反応して、あるコメント投稿者は「唇が震える子犬は見たことがない」と書き、別のコメント投稿者は「ああ、あの赤ちゃんのおもちゃを返せ!」と要求した。

別の子はこう言った、「かわいそうな赤ちゃん、もしこれが私の犬だったら、いつも私を破産させてしまうだろう、小さな唇が震えていて…涙をこらえているんだよ」と言い、さらには「今、パウパトロールに電話しているんだ!」と冗談を言う人もいた。

クローゼさんはコメントの中で、「彼は1日でおもちゃを細かく砕き、私たちはそれらを捨てます。そして彼は毎回こんな顔をします。」と説明した。

彼女はあるコメント投稿者に返信し、「私たちはひどい親ではない」と約束し、バクスターとデリラが遊ばなければならない山のようなおもちゃを披露する別のビデオを共有した。

「うちのゴールデンレトリバーは、何でも引き裂くのが好きなんです」と彼女はビデオで説明し、「実際、彼はおもちゃを引き裂くのが大好きなんです。もしそれが難しすぎると、彼はそれを望んでいません(笑)」とコメントを付け加えた。

クローゼさんが所有する2匹の犬(小さなレトリーバーの子犬デリラも含む)の数多くの動画を見れば、この2匹の犬がよく世話され、愛されていることは明らかだ。

そして彼女が言いながら ニューズウィーク バクスターとデリラは現在「愛憎関係」にあり、バクスターは「彼女に対して忍耐を学んでいる」という。

「デリラは生後8週目で、歯が生える時期にあるので、歯が生えるものなら何でも噛みます」と彼女は言い、彼は彼女に商売のコツさえ教えているという。

バクスターの動画が拡散して以来、クローゼはおもちゃに囲まれたバクスターの写真や動画を大量にアップロードした――たとえおもちゃを引き裂くのは時間の問題だったとしても。

コメントする