「介助犬が助けを求めているのを見たことがありますか?」 オーナー映画の愉快な逆転劇

心温まる逆転劇で、介助犬が飼い主に助けを求める瞬間がカメラに捉えられた。

オンラインでハッピーとして知られる飼い主のエイドリアンさんは、彼の医療警戒兼介助犬であるトビアスという名前の3歳のドーベルマン・ピンシャーがどのようにして彼に助けを求めたかを語った。

先週投稿され、現在560万回再生されているTikTok動画の中で、トビアスは飼い主に近づいて、ついて来てほしいとはっきりと求めた。 すると、トビアスさんは飼い主を倉庫の棚に案内し、そこに誤って愛用のボールを入れてしまったのです。 「介助犬が飼い主に助けを求めるのを見たことがありますか?」 ハッピーはビデオに書きました。

「トビアスは医療警戒および移動介助犬です」とハッピーは語った。 ニューズウィーク。 「先生は、低血圧が原因で起こる失神発作が近づいていることを警告してくれます。また、片頭痛についても警告してくれます。また、安定して歩くのを手伝ってくれたり、発作が起こったときに体を支えて脳震盪を防ぐなど、移動のサポートも提供してくれます。」

@dog_dog

彼はとても賢い犬で、自分で何かできないときは助けを求めることを独学で学びました #servicedog #servicedogs #dogswithjobs #doberman #dobermanpinscher #medicalertdog #servicedoglife #funnydog #dogsoftiktok

♬ Monkeyshine-JP – フィッツギボンズ中尉

トビアスは重要な任務以外にも、飼い主の他の仕事も手伝い、愛されているペットです。 「彼は私に代わって物を拾ってくれます。ゴミ箱に物を捨てたり、電気をつけたり消したり、洗濯を手伝うこともできます」とハッピーさんは語った。

介助犬は、身体的、精神的、感情的な障害を持つ人々を支援するためにさまざまな作業を行うように訓練されています。 これらには、視覚障害者の誘導、聴覚障害者への警告、物体の回収、ドアの開閉、移動に問題がある人への安定性の提供などが含まれます。 最も一般的な介助犬の品種はラブラドール レトリバー、ゴールデン レトリバー、ジャーマン シェパードですが、どの品種でも介助犬として訓練できる可能性があります。

介助犬はアメリカ障害者法(ADA)に基づいて使役動物として法的に認められており、公共の場所へのアクセス権が与えられています。 米国では、ベストや身分証明書は法的に要求されておらず、犬が介助動物になるために必要な正式な訓練もありません。

やがて、トビアスはボールを取り戻し、飼い主は、この賢い犬が、必要なときに助けを求める方法を自分に教え込んだことに感銘を受けました。

TikTokユーザーの反応

コメントセクションでは、TikTokユーザーがトビアスの愛らしい助けの要求に対する反応を共有しました。

ユーザーのmollylarsonseelyさんは、「母の飼っているプードルがそうする。彼女はただ母に向き合って、まるでテレパシーでコミュニケーションを取ろうとしているかのように、黙って母を見下ろすだけだ」と書いている。

一方、マカイラさんは「別の人が地面に倒れているか何かを期待していたが、まさにそれでよかった!可愛すぎる」と投稿した。

「私の妹の犬も、故意にボールをなくしたときは同じです」とアビーさんは付け加えた。

コメントする