不動産業者が家の中を発見したら「泣ける」こと請け合い

この不動産業者は、家の売買のプロセスを記録するためにソーシャル メディアのビデオを頻繁に共有していますが、床にペンキが塗られた感情的な理由を説明した最近のビデオの 1 つが、インターネット ユーザーの涙を誘いました。

キャロライン・ホルマンさんはTikTok(@realtoroftheyear)に投稿し、ノースカロライナ州ウィルミントンの家を最後に見回っていたとき、客用寝室の周りに緑の足跡が点在していることに気づいたとシェアした。 動画の中で、販売者らは絵を描いていたところ、飼っていた犬が絵の具の中に入り込み、部屋中を歩き回ったが、犬が悲しいことに亡くなった後、足跡を取り除く気力がなかったと彼女は語っている。

床の汚れの裏話を学んだ後、30歳のホルマンさんはこう語った。 ニューズウィーク 彼女自身も犬の飼い主として、販売者が犬を飼う理由を完全に理解していました。

「おそらく合計7つの足跡があり、ドアにも巻き付いていました。何の犬だったのかはわかりませんが、非常に間隔を置いていたので、大型犬だったに違いありません」とホルマン氏は語った。ネスト・リアルティとコスティン・グループが明らかにした。

しかし、床材は「修理不能」だった。 そしてホルマンが「月曜の朝に泣ける」動画を投稿した直後に、この動画は解体される予定だった。 しかし、ソーシャルメディアの助けを借りて、彼女と購入者は足跡を保存するための愛らしい計画を思いつきました。

彼女はこう語った。「購入者は、とても愛らしいと思ってくれました。私たちは二人とも大の犬派なので、同じことをして永久に放っておけばよかったと言いました。足跡の物語は一つのものではないことはわかっていました」ソーシャルメディアで共有した後、販売者のために保存するというアイデアのコメントを受け取り始めました。これは素晴らしいことでした。

「購入者はフローリング担当者にできる限りお金を貯めてもらい、それを何らかの形でまとめて売り手にプレゼントするつもりです。フローリングを保存するというアイデアがとても気に入りましたし、タイミングもとてもうまくいきました。私がビデオを投稿したのと同じ日に、床張りの人たちが来ました」とホルマン氏は付け加えた。

「決して拭えない」足跡に関するTikTokクリップは4月23日に共有されて以来、80万5,300回以上再生され、すでに9万8,900件以上の「いいね!」を獲得している。 彼女のビデオに対する圧倒的な反響がなかったら、売主のために床材を保存しておくことなど考えなかったかもしれない、とホルマンさんは言う。

さて、それは非常に素晴らしく手の込んだ計画となっており、出品エージェントもそれに参加しており、誰もがこの予期せぬ行動で売り手を驚かせることにとても興奮しています。 彼らはこの家を離れるかもしれないが、その一部を常に持ち続けることになるだろう。

ホルマンさんは、すでに彼女のビデオに足跡を保存するためのアイデアをコメントしてくれた 240 人以上の人々にとても感謝しています。 あるコメントには、「販売者にペイントを施したボードを送ってもらうよう依頼してください。」と書かれています。

別の人は、「しかし、タイルを保存して、古い住宅所有者のためにフレームを作らせたらどうだろう」と書いた。

あまりにも感情的なものであれば、家から出ることはできないと投稿した人もいた。 あるTikTokユーザーは「私だったら決して家を売らない方法だ。契約をキャンセルして引っ越すだろう」と答えた。

「私は床材を決して変えません。子供たち全員に床材を変えないことを周知させるつもりです」と別の人は付け加えた。

コメントする