大きすぎて捨てられた犬、「誰も欲しがらない」理由が理解できない

8歳の犬が家を失った悲痛な理由が保護施設によって明らかになった。

トレジャー・コースト動物愛護協会(HSTC)はTikTokのビデオで、体重120ポンドのアラスカン・マラミュートのバンビを紹介した。 犬小屋でぬいぐるみを抱きしめ、困惑した様子を見せていたこの大型犬は、飼い主がその巨体に耐えられなかったため、最近フロリダ州パームシティの保護施設に引き渡された。 キャプションは「バンビはなぜ誰も自分を必要としないのか理解できない」と始まった。

HSTCのコミュニケーションマネージャー、サラ・フィッシャー氏は「彼は家には大きすぎるという理由で引き渡された」と語った。 ニューズウィーク

「バンビはとても優しい犬です。おやつが大好きで、『お座り』も『足をあげる』こともできます。」 バンビは犬の友達を選ぶ傾向があるため、新しく犬の兄弟となる可能性のある人には会って挨拶する必要があるでしょう」とフィッシャー氏は語った。 「彼はトイレトレーニングを受けており、健康状態は良好です。彼は撫でられるのが大好きで、あなたの側に横たわるのが大好きです。」

Shelter Animals Count によると、2023 年に米国の保護施設に入った動物は 650 万頭で、2022 年の受け入れ動物と比較して 4% 増加しました。 2023年末には、前年同時期と比較して、さらに117,000頭の犬と猫が動物保護システムに収容されていました。

2023年には約85万頭の動物が保護施設で安楽死され、2022年と比較して15%増加した。保護施設は、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めている。

バイラルビデオのコメントでは、人々はアラスカンマラミュートへの愛を共有しました。 adamvans329さんは「ブンビを飼うよ。うちのハスキーは彼を気に入るだろう」と投稿し、ユーザー1678211640023さんは「どうして彼を引き渡すことができたんだろう。私が去るか彼女が去るまで、私の年上の子は私と一緒にいるが、私たちは一緒にいる」と書いた。

HSTC は 1955 年に設立されました。殺処分を行わない保護施設であり、その使命は、健康、年齢、気質、品種に関係なく、玄関からやって来たすべての動物にケアを提供することです。

バンビは里親に出たが、家族に「ふさわしくない」という理由で戻された。 面会に来る人はたくさんいるが、まだ誰も彼を引き取ることに興味を持っていない。

「バンビの理想的な飼い主は、大きくて甘い毛玉を受け入れる準備ができている、繁殖経験のある子でしょう」とフィッシャー氏は語った。 「バンビはとてもリラックスした犬で、あまりエネルギーが高くないので、穏やかな家庭が彼にとって最適です。理想的には広い庭があればプラスですが、それは必須ではありません。」

コメントする