女性が「病気の」子犬を救う、成長したらどうなるのか信じられない

子犬の頃の姿からはほとんど認識できないほど、犬の3年間の変化はインターネットを驚かせた。

この犬の飼い主であるアビー・ネルソンさんはこう語った。 ニューズウィーク ウルフィーが生後約5週間のときにアリゾナ州の路上で誰かが発見したという。 発見者はすぐにウルフィーをネルソンに引き渡し、ネルソンはためらわずに犬を引き取りました。

彼女は当初、ウルフィーが病気でノミやダニに覆われていたため、生きていけないのではないかと心配していました。 しかし、チワワとヨークシャーテリアの交雑種であるチョーキーは、その後後ろ足に問題を抱えたものの、なんとか乗り越えました。

「おそらく彼はあまり動き回らないだろうと思っていたが、その代わりに彼は基本的に上半身を鍛えて、行きたいところにどこへでも連れて行けるように十分強くなった」とネルソン氏は語った。

4月30日、ネルソンさんは@abbynelson1756というハンドル名で、ウルフィーが上半身の筋力をどれだけ発達させたかを示す動画をTikTokに投稿し、最初に助けた時の写真と現在の姿を比較した。

ネルソンさんは投稿のキャプションで、この子犬の急激な変化について「正直、まだショックを受けている」と書いた。

ネルソンさんが持ち帰った小さなウルフィーは、今では他のチョーキーよりも「少しだけ大きくなった」と彼女は語った。 ネルソンさんによると、ウルフィーの体重は約15ポンド、身長は1フィート半だという。

チョーキーの体重は通常 5 ~ 9 ポンド、体高は通常 6 ~ 9 インチです。

ネルソンさんは別のTikTok動画で、ウルフィーさんは筋肉を鍛えるために古い家の階段を使っていたと語った。 彼女は、後ろ足の問題を考えると、彼は階段を使わないだろうと思っていたが、その代わりに、彼は「最高速度」で階段を上った。 そして、彼らはいつの間にか、ウルフィーはジムのネズミが夢見るような肩を手に入れました。

視聴者の反応

ウルフィーの変化に衝撃を受けたのはネルソンだけではなかった。 150万回再生され、26万8,000以上の「いいね!」を獲得したこの動画のコメント欄では、何百人ものユーザーがウルフィーの上半身の成長に驚きを表明し、あるユーザーは「あれは同じ犬ではない」と書き込んだ。

別の人は、「ウルフィーは成長するのではなく、成長しました!」と付け加えた。

「彼は履歴書に嘘をついていた」とユーザーは語った。

別の人は「彼はまだかわいい」とコメントした。

コメントする