飼い犬が竜巻で死んでいるのを家族が発見する「恐ろしい」瞬間

ある家族がテキサス州の自宅に戻ると、先週一帯を竜巻が襲い、飼い犬一匹が殺され、家は瓦礫と化した。

竜巻は5月2日にテキサス州ホーリーを襲い、国立気象局(NWS)によってEF3とみなされた。これは、風速が時速136~165マイルであることを意味する。 この嵐の間の風速は最高時速165マイルに達した。 NWSによると、4人の負傷者が報告されたが、死亡者は出ていない。

テキサス在住のクリスティ・シャノンさんとその家族は竜巻発生当時家にいなかったが、彼女の母親デニス・サーストン・デル・サントさんはフェイスブックの投稿で財産への甚大な被害について説明した。

デル・サントさんは「娘のクリスティとその家族のために祈ってください。彼らは家にいませんでしたが、全員無事です。竜巻が自宅の敷地を襲い、すべてを失いました」と書いた。 「彼らは家を建てている間、住んでいたキャンピングカーがまだ見つかっていません。キャンピングカーに乗っていた犬のうち3匹を見つけました。そのうち2匹は無事です。1匹はたどり着けず、まだ探しています」 3匹目の犬。」

私の娘クリスティとその家族のために祈ってください。 彼らは家にいませんでしたが、全員大丈夫です。 竜巻が彼らの敷地を襲い、彼らはすべてを失いました。 彼らは自分たちのキャンピングカーをまだ見つけていない…

デル・サントさんは投稿に、竜巻が通過する様子を捉えた防犯カメラの画像や、倒壊した土地の写真などの写真を掲載した。 この投稿にコメントした人たちは、その瞬間を「ひどい」と呼び、哀悼の意を表した。

竜巻が発生したとき、シャノンさんは異常気象追跡者トーマス・ヒンタードルファー氏の竜巻に関するFacebook投稿を見て、その画像に見覚えがあると思った。

「肯定的ではありませんが、これは私たちの未舗装の道路の終点からの景色のように見えます、そして竜巻が私たちの家を襲ったときのように見えます!私はいつも嵐を追う人になりたいと思っていました。竜巻列車をいつも聞きたかったのです」 …クレイジーなことはわかっていますが、まだ聞いていないというのはちょっと怖いですし、今日は聞けなかったことに本当に感謝しています!」 シャノンさんが投稿しました。

ニューズウィーク Facebookを通じてシャノンにコメントを求めた。

ヒンタードルファー氏は投稿の中で、竜巻は「信じられないほど強力だった」と書いた。

「この竜巻が私たちに向かって来て、最終的に私たちの目の前の道路を横切ったとき、この竜巻から聞こえる轟音は驚異的でした」と、嵐の写真を共有しながら彼は語った。

竜巻は他の人たちにも恐ろしい経験をもたらしました。 竜巻から徒歩で避難していた負傷した家族をストームチェイサーが救出した後、衝撃的な映像がソーシャルメディアで共有された。

今年の竜巻シーズンの始まりは活発で、4月には373個が米国に上陸したとの報告書がある。 オースティン アメリカの政治家。 それらの数十はテキサスを引き裂きました。

ウェザー・チャンネルによると、テキサス州は竜巻が最も活発な州で、年間平均155件が竜巻に達しているという。

コメントする