「ハイイログマの体」のテディの犬、6年経っても避難所に

テキサスに本拠を置く動物保護施設は、長期住まう動物たちが去ってから6年が経った今も、永遠の住処を探し続けている。

ナコはもともと、2018年9月にサンアントニオの保護施設のドアの外に捨てられたときにテキサス州動物防衛連盟に連れてこられた。 保護施設はためらうことなく彼を収容したが、恐怖を感じて逃走したため捕獲するのに時間がかかった。

8歳のシェパードとアメリカンピットブルテリアのミックス犬は、来院時にフィラリア検査で陽性反応が出たが、その後動物防衛連盟の医療チームによって治療を受けている。 しかし、6年後、ナコは今もシェルターで永遠の故郷を待っています。

ナコは最近KENS5で注目を集めました 忘れられた友達 このコーナーでは、報道ステーションが養子縁組を求めている保護動物に焦点を当てています。 記事はナコを「ハイイログマの体をした大きなテディベア」と呼んだが、クマと違ってナコは危害を加えようとはしない。 彼は愛に満ちているだけです。

テキサス州動物防衛連盟は、ナコが唯一の犬である家庭で最もよく活躍できると信じている。 のんびりしていてくつろぐのが好きなナコですが、取ってくるゲームも大好きです。 彼は日光浴やテレビを見ることを拒否しません。 彼は水以外なら何でもするよ。

「潜在的な養子縁組者がナコに会いにやって来ましたが、理由は不明ですが、最終的に彼を養子にすることはできませんでした」とマーケティング開発ディレクターのフェリシア・ニーニョ氏は語った。 ニューズウィーク メールで。

ナコは、保護施設の「ラフのダイヤモンド」の一人とみなされています。 この分類を持つ犬は、テキサス州動物防衛連盟に 4 か月以上所属しています。 現在、保護施設のウェブサイトには64匹の「ダイヤモンド・イン・ザ・ラフ」が掲載されており、里親になる準備が整っている。

米国の避難所番号

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。

24Pet Shelter Watch Reportによると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は46,807匹に達し、2022年1月と比べて1,744匹増加した。 毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

テキサス州動物防衛連盟は、2023 年に犬、猫、子犬、子猫を含む合計 6,028 頭以上の動物を摂取しました。 これは、2022年に保護施設が引き取った動物6,677頭よりわずかに少ない。

コメントする