助けを必要とする野良犬が牧場にどこからともなく現れ、そこが彼女の家になりました

ノースカロライナ州の田舎の牧場の外で健康状態の悪い状態で発見された野良犬が、ついに探していたもの、つまり家と呼べる場所を見つけたのかもしれない。

アレクサンドラ・ウェイチョフは常に挑戦を楽しんできました。 おそらくそれが、2年前、彼女と彼女の家族が棒を立てて、1860年代まで遡る牧場に引っ越した理由かもしれません。 「私たちは多くのユニークな状況に直面してきました」とウェイチョフ氏は語った。 ニューズウィーク。 「たとえば、昨年、森で突然の洪水が発生し、数百匹のヒキガエルが交尾中に24時間信じられないほど大きな音を立てて流出しました。」

牧場はまだ工事中です。 「この家を更新するために、やるべきことがまだたくさんあります」と彼女は言いました。 「基礎が古いため床が傾いており、元のレンガ造りの暖炉には鳥の家族が住んでいます。」

しかし、先週末、家の外に野良犬が現れ、ウェイチョフさんは全く異なる課題に直面していることに気づきました。 「5月4日土曜日の午後、私と家族が外で庭仕事をしていたとき、彼女は私道に飛び出してきました」とウェイチョフさんは語った。 「私たちは彼女をレイアと呼んでいます。 スターウォーズ 参照。”

アメリカは大きな野良動物問題を抱えており、福祉慈善団体PETAの推計によると、全米では毎日7,000万匹ものホームレスの犬や猫が生き残るために戦っているという。

牧場の位置を考えると、ウェイチョフは突然のレイアの出現に当惑した。 「私たちはノースカロライナ州の田舎に住んでいて、空き地や森がたくさんありますが、これまでその地域で彼女を見たことがありませんでした」と彼女は語った。 ウェイチョフさんは当初、犬はどこへでも帰ってくるだろうと思っていたが、翌日家族が起きるとレイアちゃんが外で待っているのを見つけ、これは違うのではないかと疑い始めた。

レイアを診察した獣医師はウェイチョフに、レイアが米国南部の湿地帯で最も一般的に見られる野生種であるカロライナ犬である可能性が高いと語った。ウェイチョフは、突然レイアが現れた映像をWildWayRanchというハンドル名でTikTokに共有し、次のように書いた。この犬のために最善を尽くしてください。」

ウェイチョフさんは、「彼女は1歳くらいのようで、とてもやせていて、定期的に餌を与えられているようには見えません。腸内寄生虫、ノミ、ダニに悩まされており、足首は最近骨折から回復したようです。」と語った。

ウェイチョフと家族は、レイアがノミを駆除し、マダニを除去するために必要な治療を受けるのにほとんど時間を費やしませんでした。 「私たちは彼女と本当に絆が強かったので、少なくとも今は彼女を引き留めるつもりです」とウェイチョフさんは語った。 「彼女は外で縛られずにいることを好むので、目に見えないフェンスを設置しました。」

ウェイチョフさんは、少なくとも現時点ではレイアを飼うという決断の動機の一部は、レイアと11歳の息子との関係の芽生えにあると語った。 「実際、彼女は到着すると真っ先に彼のところに駆け寄り、すぐに意気投合したようです」と彼女は語った。 「レイアは本当に魂に満ちた目をしていて、間違いなく賢くて愛情深いです。」

現時点では、レイアはまだ牧場での生活に慣れ始めており、家族の他の犬、ジャーマン・シェパードとゴールデンドゥードル、そして保護猫と共存することを学んでいます。 「私たちは、まず彼女が健康であることを確認したかったので、彼らをレイアに紹介するのが遅かったのです」と彼女は説明した。 「しかし、レイアは、彼らが近づくと、低く横たわったり、仰向けになって転がったりすることで、自分が従順であることを彼らに示しています。」

それまでの間、彼らはレイアが快適に過ごせるよう全力を尽くしています。 「彼女は特に遊んでいたわけではありません。これまでおもちゃを持ったことがあるかどうかはわかりません。虫のせいで多少の痛みを感じているのではないかと思います」とウェイチョフさんは語った。 「彼女はとても好奇心旺盛で、私たちのうちの1人が側にいて私たちの敷地を探検するのを楽しんでいます。鶏を観察することも楽しんでいます。」

彼女は最終的にはレイアが敷地内をパトロールし、家族のニワトリを外敵から守るのに力を貸してくれることを望んでいるが、今のところウェイチョフと家族は、訪問した子犬が四本足で立つのを手伝い、ソーシャルメディアでこのような違いを他の人たちに見せて喜んでいるだけだ。介入の可能性があります。

「私はいつも、助けを必要としている動物に愛とケアを提供する機会が欲しいと思っていました」とウェイチョフさんは語った。 「私のようなビデオが、人々があらゆる種類の動物に対して心を開き、何があっても動物を大切に扱うよう促すきっかけになることを願っています。」

コメントする