シーズー、トリマーの所へ行く、飼い主は結果を覚悟していない:「間違った犬」

愛犬の新郎に見分けがつかなくなった女性が、インターネット視聴者を縫うような傷を負った。

アビゲイル(@_abbycpt)さんは、運命のトリマーのもとへ行った後、シーズーの陽気な動画をアップロードしました。 かつてはグレーと白の毛並みをした豪華な犬でしたが、ほとんど禿げていて、長い耳毛だけが残っていました。 アビゲイルさんはこのクリップでペットの前後の画像を共有し、4月29日以来270万回以上の再生回数を記録した。彼女はTikTokで「トリマーが間違った犬を私にくれたのだと思う」と語った。

@_abbycpt

髪を剃れるヘアカット 😭 HAHAHAHA #shihtzu #petsoftiktok

♬ オリジナル楽曲 – かーちゃん – かーちゃん

何千人ものコメント投稿者がこの犬の新しい髪型を見て目を疑ったようで、ある投稿者は「あっという間にシーズーからビーグルになった」と書き込んだ。

別の人は、「あれはきっと同じ犬ではないでしょう」と付け加えた。

ニューズウィーク TikTok経由で@_abbycptにコメントを求めました。 事件の詳細については確認できませんでした。

シーズーは中国原産の長毛の小型犬です。 アメリカンケネルクラブによると、彼らは愛情深いが、被毛には高度なメンテナンスが必要だという。

他のシーズーの飼い主も同様の経験をした、または同じ経験をした場合に備えてペットをトリマーに連れていくのが怖かったと話しました。

アマンダ・リンさんは、「彼女は耳を革に合わせてトリミングするだけで、きっと素敵に見えるでしょう!私もあなたの痛みはわかります。私もシーズーを飼っていて、一度ひどいことをしたことがあります。」と書いている。

他の人は、その変化が非常にユーモラスであると感じました。 エリカさんは「そんな時は目を合わせるのがとても難しい」と投稿した。

この変化についてもっとポジティブなことを言う人もいて、「今年は犬の毛が一年中同じように毛が生えてきて衛生的になり、犬たちは常に幸せになっています。」と付け加えた人もいました。

この子犬は不運な経験をしましたが、捨てられたペットにとってトリマーは命綱となることがよくあります。

ティーニは捨てられ、新しい飼い主によって初めてのグルーミングセッションの記録が残されたが、グルーマーたちはハスキーが安全な手に保たれていると感じられるよう細心の注意を払った。

@milothehuskyrescue というハンドル名を使用する飼い主がこの愛らしい動画を共有し、再生回数は 443,000 回を超えました。

他の犬は、触られたりトリミングされたりすることにあまり反応しません。 ビーンという名前の子犬は恐怖のあまりトリマーを気絶させ、飼い主が迎えに来るまで口輪を付けられ空中で支えられなければならなかった。

コメントする