養子縁組後、子犬が「永遠に愛されることを知っている」ときに酸を浴びた犬

他の人が「醜すぎる」と思っていた保護犬の美しさを見た女性は、最近、かつては石化していたこの子犬が今では永遠の家で元気に育っていると語った。

飼い主のシャンターレ・ブルーノさんによると、この犬はカイロの路上で暮らしていたが、そこでは野良犬は迷惑者や害虫として見られることが多い ニューズウィーク メールで。 このため、犬は虐待されたり、無視されたり、拷問を受けたりしています。 彼女は、保護犬と同腹の犬が虐待された上、酸を浴びせられ、子犬のうち3匹が死亡したと聞かされた。

現在クレオパトラと名付けられた彼女の犬は動物保護財団に運ばれ、看護を受けて健康を取り戻した。 その後、人々が彼女を醜すぎるとみなしたため、彼女は2年間動物保護施設で寝ていたとブルーノ氏は説明した。 シェルターにいる間、彼女は「アシッド・ガール」というあだ名も付けられた。

ブルーノさんは「ここカナダの救助団体が彼女のことをフェイスブックページに投稿していて、偶然それを目にした」と語った。 「彼女は私の心に語りかけてくれたので、すぐに養子縁組の申し込みをしました。彼女は約1か月後にカナダに来ました。」

ブルーノは2021年7月に両手を広げてクレオパトラを自宅に迎え、約3年間にわたって彼女に愛情だけを注ぎ続けた。 ブルーノさんのアカウント@chantale.brunoに共有された5月6日のTikTok動画には、2人が寄り添う様子が映されている。 クレオパトラは平和であり、「永遠に愛されることを知っている」。

クレオパトラさんの自信は、虐待と2年間の保護施設生活を経てどん底に落ちた。 彼女は自分自身を守り、他の犬とはめったに遊びませんでした。 ブルーノさんが彼女を引き取ったとき、彼らは彼女が男性に慣れるのを助けるために行動修正に取り組みました。 彼女はまた、クレオパトラに自信と社交スキルを築くために地元の施設に通わせました。

「彼女はまだボール以外のおもちゃで遊ぶ方法を知りません」とブルーノさんは語った。 「彼女はあらゆる色、あらゆるサイズ、あらゆる質感のボールが大好きです。」

彼女がおもちゃのボールで遊ぶよりも好きな唯一のことは、抱きしめる事です。 ブルーノさんは、クレオパトラはとても愛着が強いため、クレオパトラと一緒にいると個人的な空間など存在しないと語った。 見知らぬ人に慣れるという点では、彼女はまだ彼らに夢中ではありません。 しかし、彼女は決して攻撃的な兆候を示しません。 見知らぬ人に対する彼女の反応方法は、心を閉ざして従順に床に横たわることです。

クレオパトラにはブルーノがそばにいるだけでなく、家族の他の保護動物もいます。 家族は犬 3 匹、猫 4 匹、そして娘の保護犬を飼っているため、自分たちの家をブルーノ動物園と呼ぶこともあります。

'すごく悲しくなる'

クレオパトラの新しい故郷への驚くべき旅は、視聴者の心を動かしました。 このクリップは約 280,000 回再生され、34,100 件の「いいね!」が付いています。 人々は、この犬を救ってくれたブルーノの優しさにどれほど感謝しているかを共有しています。

あるTikTokユーザーは「彼女の可哀想な小さな顔。どうして人はこんなに残酷になれるんだろう?今彼女がいてくれて本当によかった。気をつけてね」と語った。

2人目は「ああ、彼女はどんな経験をしたに違いない。心が張り裂けるような思いだ。どうか彼女に大きなハグとキスをしてほしい。愛と祝福を送ってほしい」とコメントした。

また別の者は、「その残酷さは決して理解できないでしょう。幸運なことに、かわいい子犬が永遠の美しい家を見つけました。お二人にとって、これ以上嬉しいことはありません。」と付け加えた。

コメントする