最も恐ろしいマット事件で獣医師が犬を変える―「私たちが彼女を治します」

イリノイ州の獣医チームは、毛皮のマット化が重篤な救助犬の救助をトリマーが断ったことを受けて、大きな課題に取り組んだ。

ハントリー村にある動物保護施設は、飼い主から引き渡された犬5頭の引き取り要請に応じ、そのうちの1頭が息を失い、体がブヨでひどくぐちゃぐちゃになっているのを発見した。 同じくイリノイ州にあるリバーサイド動物クリニックと、TikTok上で@holisticvetadviceとして知られる獣医ジム・カールソン氏は、20回近い電話をかけた後、現在ミラクルと名付けられたこの犬を助けることに同意した。

カールソンさんは4月24日のTikTok動画で、10年近く放置されていたために犬の体を覆い尽くしたマットを視聴者に見せた。 犬のほぼすべてのインチは、もつれ、結び目のある毛の塊で覆われていました。 尿や便で黄色く染まっていました。 彼女の足と尻尾は認識できませんでした。 しかし、彼女の事件の深刻さにもか​​かわらず、チームは彼女の治療を中止しませんでした。

動画には「とても悲しい救出です。私たちのチームは泣いています。私たちが彼女を直します。私たちが直します。」と書かれている。

@holisticvetadvice

かわいそうな小さな子にはたくさんの助けが必要です。 トリマーがノーと言ったので私たちに電話し、現在彼女の治療を行っています。 彼女はとても優しくて心配性です。 彼女を追い込まずにどこまで到達できるかを確認するために、後でフォローアップを投稿します。 #rescuedog #groomersoftiktok #holisticvet #veterinariansoftiktok #veterinarian #chicago #mchenrycountyil

♬ めまい – 感覚のない & 結果

密なマットを剥がしたところ、研究チームはミラクルの足が赤く、重度の皮膚炎があることを発見しました。 ウェブサイト「Preventive Vet」によると、マットは犬の適切な体温調節を妨げ、極度の不快感や痛みを引き起こし、ノミなどの寄生虫を隠れさせてしまう可能性もあるという。

マットは犬の毛皮がもつれ、緩んだ死んだ毛皮と生きた毛皮の塊を形成するときに形成されます。 ブラシで取り除かないとマットは伸び続けて犬の皮膚に近づき、季節的な小屋の時期に発生する頻度が高くなります。

強力な鎮痛剤、抗生物質、薬浴で奇跡が始まりました。 余分な体重がすべて取り除かれた今、彼女は新しい体で再び歩くことを学んでいます。

ニューズウィーク TikTokを通じてカールソンに追加のコメントを求めた。

ハントリー動物保護施設は、Instagram アカウント @animalhouseshelterhently で彼女のストーリーについて詳しく共有しました。 これはスタッフが過去20年以上に経験した中で最悪のケースだと発表した。

保護施設は4月29日のインスタグラム動画で、ミラクルが6時間半のグルーミングを受けたと発表した。 剥がされた毛皮マットの重さは3ポンド半でした。 この15歳の犬は里親のもとにいますが、里親募集中です。

視聴者の反応

ミラクルの悲痛な TikTok 動画は、971,900 件以上の再生回数、25,000 件の「いいね!」、1,697 件のコメントを獲得しています。

ある視聴者は「美しくて純真な子犬にそんなことをする人がいるなんて信じられない」と語った。

2人目は、「心が張り裂けそうなほどだった!彼女の気分と見た目を良くしてくれてありがとう!たくさんの愛を!」と書いた。

トリマーたちもミラクルのケースの深刻さを指摘し、「私は35年間犬のグルーミングをしているが、これほどひどいケースは見たことがない」と述べた。

コメントする