7年前に失明した犬が安全を感じてビーチで走れる瞬間

7年前に視力を失った老犬は、飼い主がビーチに連れて行ったとき、再び自由に走れるようになった。

14歳のシーズーのプードルと交配したデイジーは、7歳で失明して以来、走るのに十分な安全を感じていません。 しかし、飼い主のフェイ・ルイーズ・デニスが4月25日にシェアしたTikTokクリップの中で、デイジーは自由に走る自信を見つけた。

180万回以上再生されているこの動画には、小さな犬が邪魔物が何もない静かな道を飛び立ち、太陽が沈み始め、遠くで海が輝いている様子が映っている。 デニスさんはこの動画に「何年も走っていなかった目の見えない犬が、ビーチにいても安全だと感じたとき」とキャプションを付けた。

イギリス在住のネイリスト、デニスさん(24)はこう語った。 ニューズウィーク 彼女の家族は、「彼女が失明し、盲導犬として活躍していたもう一頭の愛犬ラムジーを亡くして以来、何年も愛犬が走るところを見ていなかった」と語った。

デニスさんは、「彼女は歩くのがとても遅いので、彼女にとって長い散歩が難しい場合は、犬用バギーに押して行かなければならないこともあります。しかし、彼女は足の下の砂の感触を覚えているようで、私はそう思います」と語った。彼女は心の中でビーチを思い描いており、ぶつかる可能性のあるものは何もないことを知っています。

「控えめに言っても、彼女が走るのを見て私たちは皆ショックを受けました」とデニスさんは付け加えた。

視力を失ったペットの世話には忍耐と愛情が必要です。 米国動物愛護協会は、視力を失った動物は「傷つきやすく不安を感じる可能性があるため、一貫した日課と安全で快適な家庭環境を作り出すことが重要」だと述べている。

同協会は、飼い主はペットがその日に何が起こるかを把握できるようにスケジュールを守る必要があると付け加えている。 鋭利な角にはカバーを設置し、階段を遮断する必要があります。 ペットが誤って遭遇する可能性のある予期せぬ障害物を取り除きます。

「ペットが将来視力を失った場合は、物にぶつかるのを防ぐ『バンパー』または『ハロー』ハーネスを試してみることもできます」と同団体は述べている。

デニスさんによると、デイジーさんは7歳のときに両目に白内障が進行し失明したという。 家族はこの犬に片目を切除する手術を受けるという難しい決断を下したが、その後何年もの間、犬は「幸せな生活を送り続けた」という。

「しかし、もう一方の目が悪化し始めた。そのため、今年、彼女は安全のためにもう一方の目を切除しなければならなかった」とデニスさんは付け加えた。 「彼女はもう痛みを感じなくなり、とても幸せな犬になったので、彼女に新たな命が吹き込まれました。」

再び走れるようになったデイジーの喜びはTikTokユーザーに大きな反響を呼び、あるユーザーは動画に「私には目の見えないフレンチーの赤ちゃんがいるのですが、彼が自由な場所で走り始めると目が潤んでしまいます」と投稿した。

別の人は、「泣かずにこのアプリを 1 回だけ使用してもいいですか?」と尋ねました。

3人目のユーザーは「できるだけ連れて行ってください」と書き、別のユーザーは「ドギーは走っていなかった。ドギーは飛んでいた」と付け加えた。

デニスはTikTokでの反応を「素晴らしい」と語り、こう語った。 ニューズウィーク デイジーは「とても恋人で、犬がいかに回復力がありながらも幸せであるかを示すのは素晴らしいことだった。

「私たちは本当にそれに値しない」と彼女は付け加えた。

コメントする