車椅子の夫を押す手伝いを女性が介助犬に教えた方法―「忍耐」

昨年、夫の介助犬と協力して特別なコマンドを実行した犬の飼い主は、犬の訓練がいかに非常にイライラしながらもやりがいのあるものであるかを学びました。

ミーガン・ジェントリーさんと夫のタイソンさんは、ドーベルマンの子犬ベイリーを家に迎えることにした。ベイリーは人を喜ばせることに熱心で、簡単には怖がらず、すぐに愛情を注ぐこともなかった。タイソンの介助犬として訓練するのに必要な有益な特性だった。 。

タイソンはオハイオ州立大学の2年生の時にフットボール中に脊髄損傷を負いました。 彼はC-4の四肢麻痺で、手、手首、上腕三頭筋の機能がなく、体幹の制御もできません。 過去18年間、介助犬を飼ったことがなかったとジェントリーさんは語った。 ニューズウィーク メールで。

しかし、タイソンはラブラドールや他のレトリバー、その他の毛の細い犬にアレルギーがあるため、介助犬トレーナーの採用は限られていた。 代わりに、彼らはベイリーを自分たちで訓練することにしました。

ジェントリーさんは、介助犬に求められる2つの条件は、タイソンのために物を拾う手伝いをすることと、前かがみになりすぎると立ち上がれないため、タイソンを押し上げることができることだと説明した。

彼女は昨年、ベイリーに「プッシュ」タスクを実行できるようトレーニングを開始した。 アカウント@megangentry19の3月6日のインスタグラムには、ベイリーのコマンドの進歩が示されている。 このクリップは、視聴者に犬の訓練に必要な「仕事、粘り強さ、忍耐、そして時間」を垣間見ることができる。

ジェントリーさんはまず、ベイリーに枕の下に入り込み、枕にもたれかかりながら体で枕を押し上げることを学ばせた。 彼らは車椅子の枕に進み、同じ押す動きを真似しました。 それからジェントリーは枕の代わりに椅子に身を乗り出し、犬にタイソンとやらせる前にもう一度体で腕立て伏せをするようベイリーに頼みました。

「彼女が最終的にすべての仕事を完了するまで約1.5〜2か月かかる時点で、私はほとんど諦めかけました」とジェントリーさんは語った。 「私はトレーナーに会って、ベイリーにはそれができるほど体も強くも力もないと思うので、タイを押し上げることを教えるのはやめようと思ったと伝えました。」

Rucker Dog Training のトレーナーであるスコット・ラッカー氏は、彼女がプロセスを進めるのを手助けし、前進し続けるよう励ましました。 他のトレーニングと同様、それは一夜にして実現するものではありません。 重要なのは一貫性です。

ジェントリーさんは、ベイリーさんの食事の時間をトレーニングの時間として使っていたと語った。 ベイリーは子犬の頃、毎日1日3回食事をしていました。 それらの 3 時間はすべて、食事のインセンティブを伴うトレーニングに費やされました。

ジェントリーが、ベイリーが正しいてこの力を得るには後ろ足をタイソンのフットレストに乗せる必要があることを発見したとき、問題が発生した。犬は前足が不安定になることを嫌うため、ジェントリーがベイリーを快適にさせるのに5か月かかった。

彼女のビデオは視聴者に介助犬の訓練の現実を垣間見せます。 そして、タオルを投げたかったにもかかわらず、ジェントリーはベイリーがどれだけ助けられるかを知っていたので続けました。

「ベイリーがここにいて、彼を助けることができたことで、私はとても安心し、彼にもう少し自立してもらうことができました」とジェントリーさんは語った。 「ベイリー以前は、彼が地面に何かを落としたら、私が拾えるまでそこに置いておかなければなりませんでした。今では彼はベイリーに電話するだけで、彼女が彼の手になってくれるのです。」

ベイリーさんは、掃除する、ドアを閉める、障害者用のボタンを押す、車椅子の向きを変える、必要に応じてテーブルの下に入るなど、タイソンを助ける他のコマンドを学びました。

しかし、タイソンのお気に入りのコマンドは「ブリング」です。 タイソンが何かを落としたらこの言葉を言い、ベイリーが来て口で拾い、膝の上に置きます。 彼は、店内で商品を棚から取り出すのに手助けが必要なときにこれを使用できます。 ベイリーさんは、物を誰に持っていくかさえ区別でき、たとえ「非番」であっても、床に落ちた物を拾いに来ます。

「犬の訓練は非常にやりがいのあるものですが、非常にイライラすることもあります」とジェントリー氏は語った。 「私はとても A 型の人間で、物事を完璧に終わらせることを好みます。犬の訓練はそのようにはうまくいきません。時間と忍耐が必要です。犬を急かしてもいけません。そうしないとさらに時間がかかります。」

コメントする