獣医師のオフィスのホワイトボードに残された悲痛なメッセージが「一瞬で涙を誘う」

愛犬を悼む子供が獣医の診察室に残した、心のこもったシンプルなメッセージに、TikTokユーザーの涙が溢れた。

ペットは、楽しい挨拶やソファで寄り添う姿から、落ち込んだ時の優しい表情まで、飼い主の日常生活に深く関わっています。 しかし、ペットとの絶え間ない付き合いは永遠ではなく、ペットの喪失を悲しむことは誰にとっても傷つきます。

子どもたちは、愛する人の死を初めて経験する可能性があるため、ペットの悲しみを特につらく感じることがよくあります。 子どもたちにとって、自分のペットを尊重し、記憶に留めておくことは重要であり、ある子どもは獣医院でそうしました。

4月5日のTikTokビデオでは、獣医師事務所の従業員が待合室のホワイトボードで見つけたメモの写真を撮影していた。 ユーザーの @shainasmiles が動画に残した言葉は、「獣医師の仕事は大変だ」というものでしたが、子供のメッセージは誰でも泣けるかもしれないので、これ以上に真実ではありません。

その子は家族の犬を失ったことを悲しんでいて、「レミーを愛しています!あなたは良い犬でした」と書いた。 メッセージには小さな絵と小さなハートが添えられていました。

この子の優しく思慮深いメッセージはすべてのペットの飼い主の心に響き、たとえペットが亡くなっても、ペットと分かち合った愛は永遠に続くことを思い出させます。

ニューズウィーク TikTok経由で@shainasmilesに追加のコメントを求めた。

オレンジ郡小児病院は、悲しみの感情のジェットコースターを経験する子供たちと明確なコミュニケーションをとることの重要性を強調した。悲しみを乗り越えるための提案としては、ペットの生涯を称え祝うために集まること、子供のお気に入りのペットの写真を額縁に入れること、特別な思い出を書き留めること、スクラップブック、詩、歌を作ること、首輪やおもちゃなどの記念品を子供に持たせることなどがある。

視聴者の反応

胸が締め付けられるようなこの TikTok クリップは、590,200 件以上の再生回数、91,500 件の「いいね!」、437 件のコメントを集めました。 コメント欄にはドライアイはありませんでした。

「このアプリで私がすることはただ泣いて、さらに泣くことだけです」と視聴者は書いた。

他の人は、最も感じたことを「瞬間的な涙」と言いました。

ありがたいことに、ボードのメッセージは、そのペットがかわいがられていたことを証明しています。 ユーザーは「レミーには愛情深い家族と温かい家があったが、それはどの犬にもあるわけではない。リップ・レミー、あなたがとても愛されてよかった」とコメントした。

別の人もオフィスで同様の話をしてくれた。「クライアントの一人がペットの遺骨を拾って、『さあ、家に帰ろう』と言いました。」 私の心は打ち砕かれました。」

コメントする