ドッグフードのリコールでペットの飼い主に警告

マース ペットケア US は金曜日、同社のペディグリー アダルト コンプリート ニュートリション グリルステーキと野菜風味のドライ ドッグフード 315 袋の自主回収を発表しました。

ペディグリーのウェブサイトの最新情報によると、「限定的」自主回収の影響を受けるドッグフードは、44ポンドの袋のみが対象で、遊離金属が存在する可能性が原因で、賞味期限は2025年3月4日となっている。 、ロットコード 410B2TXT02。 このバッグはオクラホマ州、アーカンソー州、ルイジアナ州、テキサス州のウォルマートで販売された。 ウォルマートはウェブサイトにドッグフードを販売した店舗も掲載した。

ニューズウィーク ウォルマートは土曜日にオンラインフォームと血統経由でオンラインフォームと電話でウォルマートに連絡し、追加のコメントを求めた。

ペディグリー社は最新情報の中で、顧客が自分のペットが影響を受ける可能性のあるドッグフードを食べたと考えている場合、「異常な行動がないか監視し、懸念がある場合には獣医師に連絡する」べきだと述べた。

ペディグリー社はまた、オンラインアップデートで、影響を受ける可能性のあるドッグフードに関してペットへの怪我や病気の報告はないと述べた。 最新情報によると、ドッグフードを購入したと思われる顧客は、マース ペットケア US 消費者ケアに問い合わせることができるという。 また、衣装を購入したと思われる場合は、製品の使用を中止することをお勧めします。

血統書には、Mars Petcare US の連絡先情報が 1-800-525-5273 と記載されており、月曜日から金曜日は中部標準時間 (CST) の午前 8 時から午後 8 時まで、および土曜日と日曜日の午前 8 時から午後 4 時 (CST) まで、またはお客様に www にアクセスするようアドバイスされています。血統.com/update。

このアップデートではまた、他のペディグリー製品やマーズ ペットケア US 製品は影響を受けたりリコールされたりしておらず、ウォルマートとマーズ ペットケア US の両方が、影響を受ける可能性のあるドッグフードを確実に削除し、今後販売しないように協力していると述べています。

メールでの返信では、 ニューズウィーク マース・ペット・ニュートリション・ノース・アメリカは土曜夜、自主回収のプレスリリースを送り、「ペットの安全と健康は引き続き当社の最優先事項である」とも述べた。

一方、今月初めには犬の飼い主に対してまぶた拭きについての警告も発令された。 ボシュロムは、真菌や細菌にさらされる潜在的なリスクを理由に、プロジェクト ワトソン犬用まぶた拭きをリコールしました。

消費者製品安全委員会(CPSC)はリリース文の中で、まぶた拭きを開けると容器内で真菌や細菌が増殖する可能性があると述べた。 リコールされたおしりふきは、全国のペットスマート、ウォルマート、その他の店舗で販売された。 CPSCの発表によると、開封後に容器内で物質が「発生」したという報告が7件あった。

お客様には、ただちにワイプの使用を中止し、返金をリクエストするようアドバイスされました。

製品リコールは、汚染のリスクがある場合や、誤ったラベルの付いた製品がアレルゲンを開示していない場合など、製品が何らかの形で有害である可能性があるという懸念がある場合に発行されます。

今週、パーマー・キャンディー・カンパニーは、製品がサルモネラ菌に汚染されている可能性があるとサプライヤーから通知を受け、いくつかの製品をリコールした。 回収対象品目には、キャラメル スワール プレッツェル、ピーナッツ バター スナック ミックス、霧雨キャラメル コーンが含まれます。

リコール対象製品の完全なリストは、FDA の Web サイト(こちら)でご覧いただけます。

今週初め、5万箱以上の有機茶製品がリコールされた。 イースト・ウェスト・ティー・カンパニーは、オーガニック・ヨギ・エキナセア免疫サポート製品に残留農薬の痕跡が見つかったため、自主回収を発表した。

また今週、サルモネラ菌汚染の可能性があるとして、ナチュラル・ソーシング・インターナショナルのグレート・バリュー・オーガニック・ブラックチアシードのリコールが発行された。

24 年 5 月 18 日午後 11 時 43 分 (東部標準時) 更新: この記事は、Mars Pet Nutrition North America からのコメントにより更新されました。

コメントする