フロリダ州のペット飼い主が外来種のヒキガエルに警告:「非常に有毒」

フロリダ州のペットの飼い主らは火曜日、テクエスタ村から、雨季を前にオオヒキガエルやヒキガエルに「注意」するよう警告された。

テケスタ村はソーシャルメディアの投稿で、「雨季が近づくとカエルが増えます。フロリダ州の侵略的両生類であるオオヒキガエル(ヒキガエル)に注意してください。ペットをヒキガエルから識別、駆除、保護する方法については、次のサイトをご覧ください:https://tequesta.org/1685/Dealing-with-Cane-Bufo-Toads… #CaneToads #PetSafety #FloridaWildlife #InvasiveSpecies」と述べています。

村のウェブサイトによると、オオヒキガエル、または一般にブフォまたはジャイアントヒキガエルとして知られるこのヒキガエルは、サンシャイン州では外来種とみなされている。 ヒキガエルの皮膚腺からの「非常に有毒な」分泌物は、噛みついたり食べたりしたペットにとって致命的となる可能性があり、さらには人間にも影響を与える可能性があります。

フロリダ州魚類野生生物保護委員会によると、ヒキガエルの体色は赤褐色で、腹部は明るい黄色だという。 ヒキガエルは在来の両生類であるミナミヒキガエルと間違われることもあり、大きさは6インチから9インチまであります。

テクエスタ村は「念のため」住民向けに通知を掲載したと市職員室が語った。 ニューズウィーク 火曜日に電話で。 同書記官事務所はまた、テクエスタだけでなくフロリダ州も数十年にわたって侵入両生類に対処してきたことにも言及した。 事務局はまた、ヒキガエルは「この時期に特有のものである」と指摘し、5月の雨季から夏にかけても言及した。

FWCによると、オオヒキガエルは中南米のほか、テキサス州のリオグランデ渓谷にも生息している。 オオヒキガエルは雑食性で、放っておくとペットフードや人間の食べ物を食べたくなることもあります。 FWCはまた、オオヒキガエルは1930~40年代に「サトウキビの農業害虫を防除」するためにフロリダ州に「初めて導入された」とも指摘している。 FWCによると、ヒキガエルは現在フロリダ州の南部と中部で見られるという。

FWC は、住民がウェブサイトで参照できる信頼できるオオヒキガエル目撃情報の地図にもリンクしています。

一方、テクエスタ村は、ペットがオオヒキガエルに「遭遇」した場合の対処法についても住民に助言し、「即時行動が重要」とも指摘した。 以下は、村がウェブサイトで提供するリストです。

  • ペットの舌と歯茎を布で拭きます。
  • ペットが水を飲み込まないように注意しながら、約 10 分間水で口をすすぎます。 大型のペットにはホースを使用し、小型のペットにはシンクの蛇口または噴霧器を使用します。
  • すぐにペットを最寄りの獣医師に連れて行きましょう。

ニューズウィーク 火曜日にFWCに電子メールで追加コメントを求めた。

コメントする