飼い主の宝くじ選びを手伝う犬がネットで話題に「当たったの?」

ある女性が、犬の助けを借りて宝くじを選ぶ新しい方法を発見した。

この女性の珍しい数字選びの戦略はTikTokで注目を集め、動画は1450万回視聴された。

@iliterallylovecatssomuchが投稿した1分間の動画で、視聴者は飼い主が机に座り、愛猫に宝くじの当選番号を読み上げる心温まる瞬間を目にした。

それに応えて、犬のフレックルズは熱狂的に遠吠えするか、沈黙するかのいずれかを示し、その週の宝くじの番号を選んだことを示しました。

このTikTokユーザーは動画の中で「お母さんたちが犬に宝くじを選ばせている」と述べ、キャプションには「犬もすごく集中している」と書いていた。

何千人もの視聴者がコメント欄に反応を投稿し、動物愛好家たちは飼い主が番号を選ぶ戦術に注目した。

「わかりました。でも勝ったんですか?」と最初のコメント投稿者が尋ねた。

視聴者のDaviemooさんは「彼女が勝ったら彼女のお金だ」と述べた。別のユーザーcaitさんは「彼女は参加できて幸せだ」と指摘した。

TikTokユーザーのフィフィさんは、このユニークなアプローチを高く評価し、「とても良い戦略。負担が軽減される。でも、とても面白い」と語った。

別のユーザー、ハッピーさんは、この犬の献身的な姿について「仕事に真剣に取り組んでいる」とコメントした。

他の人たちは、自分たちでこの戦術を試してみようと思った。ミシェル・コールマンは「彼女が勝ったら犬を飼うわ」と宣言した。

ウェブサイト「サーチ・ロジスティクス」によると、昨年、アメリカ人は宝くじに1052億6000万ドルという驚くべき金額を費やし、米国で最も人気のあるギャンブルとしての地位を固めました。この数字は2025年までに1941億4000万ドルに急騰すると予想されています。

これまで記録された宝くじの最高当選額は、2022年11月8日にカリフォルニア州の人物が申請した、驚異の20億4000万ドルである。

驚くほどの賞金がたくさんあるにもかかわらず、米国では毎年 200 万ドルの宝くじ賞金が未請求のままになっており、統計によると、宝くじの当選者の約 70 パーセントが破産に陥っています。

さらに更新したTikTokユーザーは、Frecklesと飼い主は宝くじに当たらなかったと明言した。Frecklesは、当たったかどうか聞かれるたびに嬉しそうに遠吠えしていたが。

「私たちは選んでいません」と飼い主さんは言い、フレックルズはもう少し数字選びの練習が必要かもしれないと付け加えた。「当選番号を一つも選んでいないでしょう?」

コメントする