カメラに向かって笑顔を見せる救助犬が今週のペット賞を受賞

雨の中散歩するのが大好きな犬から、仲良しのボーダーコリーと馬まで、今週は愛らしいペットに関するコンテンツが数多く話題になりました。

また、読者のペットの写真やビデオを集めた「今週のペット」を毎週紹介しています。

あなたのペットを来週のラインナップに加えたい場合は、この記事の最後に記載されている手順に従って参加してください。

勝者

今週のペット・オブ・ザ・ウィークは、カメラに向かって笑うという素晴らしい技を持つ、5歳の保護犬メイズです。

致命的な犬のパルボウイルス、またはパルボ病から生き延びたメイズは、愛らしい芸を身につけた。笑うように促されると、彼女はまるでニヤリと笑っているかのようにカメラに向かって歯をむき出すのだ。

メイズの飼い主ビクトリアさんは、メイズがカメラに向かって大きな笑顔を見せる動画をシェアした。

すべての犬がそうするわけではありませんが、犬は「笑う」ことができます。動画のメイズのように、犬が唇を引っ込めて歯を見せるのは、子犬の行動から生じている可能性があります。

子犬は従順な行動としてこのように「ニヤニヤ」と笑うことがあります。犬は周囲の人に「悪意はない」と伝える手段としてこの能力を保持している可能性があります。

ファイナリスト

今週の最初のファイナリストは、猫の兄弟、ルイ、プレシャス、プリンセス、ジョシーです。

現在14歳になる長男の猫ルイは、誕生日に母親からブルーベリーとクリームのキャンディーをもらった。「ルイのお気に入りのおやつの一つなんです」と飼い主のエンジェル・ホープさんは言う。

別の写真では、プレシャスがチーズボールの瓶を破ろうとしているところが撮影された。

ババは信じられないほどの巻き毛で、ネット上で注目を集めることが多い。「どこに行っても立ち止まってもらい、笑顔をもらいます。本当に素晴らしいです」とメリッサさんは言う。

飼い主のそばからほとんど離れない愛情深い子猫について、メリッサさんは「この子の一番美しいところは、出会った人全員に笑顔をもたらすことです。犬が苦手な人にも笑顔を向けてくれます」と語った。

今週最後にご紹介するのは、飼い主の生活に大きな役割を果たしているトイチワワのトリュフです。

発作で入院した後、デニス・マイケルズは捨てられた子犬を知っている隣人から相談を受けた。

チップも飼い主もいないトリュフは新しい家を探していましたが、彼女にはサポートが必要だと知って、マイケルズの隣人が彼らを紹介してくれました。

コメントする