子犬が植物を破壊、最もかわいい方法で無実を証明:「それは私じゃない」

室内の植物を倒してしまった後、機転を利かせて窮地から逃れようとするダックスフントの行動が、ネット上で注目を集めている。

子犬のトビーは、観葉植物を破壊しているのが見つかった後、飼い主の懲罰を逃れるためにできることはただ一つ、飼い主にお腹を撫でてもらうことだけだとわかっていた。

ミニチュア・ダックスフントの無邪気なふりは、飼い主が2日前に@toby.theminidoxieというアカウントでTikTokにシェアしたソーシャルメディア動画に登場した。飼い主らが「トビー、なんてこと、何したの?」と言っているのが聞こえた。

「いいえ、お腹を撫でてあげるつもりはありません」と飼い主は付け加えたが、視聴者はユタ州に住むトビーがソファに寝そべり尻尾を振っている姿を見ることができた。

トビー・ザミニドキシー

🫣 私じゃないって約束するよ #minidachshundpuppy #puppy #petsoftiktok #minidachshundsoftiktok #doxiesoftiktok #petlover #doxie #naughtydog

♬ オリジナルサウンド – tobytheminidoxie

ダックスフントは、頑固な性格のため、特にトビーのような子犬の時期には、しつけの限界を押し広げ、飼い主に従わないことで知られています。この犬種は高度な知能を備えていますが、自分の意思を持っている場合も多く、飼い主に従わなかったり、命令されたことと反対のことをしたりすることがあります。

この頑固な犬は、自分の主人であり、誰かに頼まれたからではなく、本当にしたい場合にのみ「座る」か「来る」のです。それでも、ダックスフントは忠実な犬で、他の犬よりも、家庭内の 1 人か 2 人の家族と親密な絆を築く、楽しくて思いやりのあるペットになります。

明らかに飾りテーブルの上に置いてあった観葉植物が倒れるなど、周囲が被害に遭っていたにもかかわらず、トビーは足を蹴り上げ、いたずらっぽい表情でお腹を撫でてもらうのを待っている様子が撮影された。

クリーム色のダックスフントの飼い主は、この投稿に「私じゃないって約束するよ」とキャプションを付けて、軽い処罰で済ませようとする彼の試み​​をからかった。

長毛のダックスフントが「刑務所から逃れる」カードを引くのを見た67万5000人以上のTikTokユーザーのうち、870人以上がコメントを残しており、その大半は子犬の無実をユーモラスに保証するものだった。

「でも、彼はまだ赤ちゃんなんだ」と、あるユーザー@blehblehbleh_04は書いた。

TikTokでラニ・エストラーダとして知られる別のユーザーは、「それは彼ではなく、私です」と述べた。

3人目の@aj.metzさんは「私はトビーの弁護士です。彼は無実です」と付け加えた。

「本当に彼ではなかった。彼はそれを救おうとしていた」と4人目の@louism0mさんはコメントした。

コメントする