怯えたボーダーコリーのミックス犬が小屋に縛られ放置されているのが発見される:「大丈夫じゃない」

保護センターの外に縛られた捨て犬のバディの写真が、ネット上で悲痛な思いを呼んでいる。

アイダホ州のプリースト・リバー動物救助隊(PRAR)の職員が、寄付小屋に縛り付けられたボーダーコリーの雑種犬を発見した。職員らは5月20日にこの犬の悲痛な写真をフェイスブックに投稿し、それ以来325件以上の「いいね!」を獲得している。

バディは保護施設での生活に慣れつつありますが、前の飼い主に引き渡された後、愛情ある家庭を見つけることを望んでいます。グローバーさんは、この犬は身体的にも精神的にも十分な注意を払える活動的な家族に最も適していると説明しました。

アメリカンケネルクラブ(AKC)によると、ボーダーコリーは愛情深く、非常に高いエネルギーレベルを持っています。

「彼は活発でフレンドリーな犬で、ボール遊びが大好きで、子供たちとも仲良くできます」と彼女は語った。

アメリカ動物虐待防止協会によると、毎年全米で約 310 万匹の犬と 320 万匹の猫が保護施設に収容されています。そのうち、約 200 万匹の犬と 210 万匹の猫が譲渡されています。

保護施設のフェイスブックの投稿には、「これはよくない!!」と書かれている。グローバーさんは、ペットが適切に手放されず、バディのように外に置き去りにされることは「非常に憂慮すべきこと」だと説明した。

「すでに毎日多くの動物の世話に懸命に取り組んでいる保護施設の職員に、この措置でさらに負担がかかるのは、実に不公平であり、危険を伴う可能性がある。」

「適切な譲渡手続きが守られていない今回のような事例では、混乱とリスクが生じるだけでなく、問題の動物たちの安全と幸福が軽視されていることを示すことにもなります。限られた資源しかない小さな施設にとって、このような無責任な行動は重大な影響を及ぼす可能性があります。」

Facebookの反応

執筆時点で、この投稿には 150 件を超えるコメントが寄せられています。

あるユーザーはこう言った。「悲しいことですが、彼らが犬をあなたのところに連れてきて、見つからないような場所に縛り付けなかったのはよかったです。彼らの考えや状況からすると、これが彼らにできる最善のことだったのかもしれません。」

「どうしてそこにたどり着いたかはともかく、彼が救出され無事であることを祈る。かわいそうな赤ちゃん」と別の人は言った。

3人目のコメント投稿者は「すごい…言葉が出ない…彼がもっと良い家を見つけてくれることを願う」とコメントした。

「私たちの国としての人間性に何が起こったのか本当に不思議だ」と4人目は言った。

コメントする