犬の6か月間の「集中トレーニング」の結果は飼い主の期待とは違った

犬の訓練には一貫性と忍耐が必要です。しかし、訓練に果てしなく熱心に取り組んでも、必ずしも期待通りの結果が出るとは限らないことを、ある飼い主が最近 TikTok 動画で示しました。

TikTokユーザーの@kevinpickles81は4月8日の動画で、愛犬との6か月間の「集中トレーニング」の成果を共有した。

最初はすべて順調に見えた。散歩中、黒のラブラドール・レトリバーが飼い主の前に座り、熱心に耳を傾け、飼い主の姿を見ていた。飼い主はゆっくりと犬から後ずさりし、「待て」と命じた。これは飼い主が犬に特定の場所に留まるように教える一般的な犬の命令で、6か月の訓練がいかに無駄になるかを見せつけた。

子犬は飼い主の言うことを聞いて一箇所に留まる代わりに、飼い主が後ずさりするとすぐに逃げ出しました。その場から移動するだけでなく、走り去ってしまいました。

ケビンピクルス81

♬ オリジナルサウンド – Kevin Pickles

飼い主は何が起こっているのかに気づき、カメラを向けて犬が走り去る様子を映しました。犬は明らかに飼い主を喜ばせるのに飽きて、大自然の中での冒険を続けたいと思っていました。

集中力が途切れたからといって、犬を責めることはできません。アメリカン ケンネル クラブは、犬は楽しんでいない芸や目的のない芸をするのは苦手だと述べています。飼い主は犬にとって「待て」を楽しいものにすることはできないので、その代わりに芸の重要性を強調することができます。

「私たちは同じ船に乗っている」

このTikTok動画は視聴者を大笑いさせた。多くの人が同じ状況に置かれ、トレーニングがうまくいくことを期待していたが、期待は裏切られたからだ。先月初めに投稿されて以来、月曜日の時点で、この動画は487,900回以上の視聴、46,400件の「いいね!」、863件のコメントを集めている。

あるTikTokユーザーは、「うちの黒のラブラドールは、周りに誰もいないときだけ言うことを聞いてくれる。私をバカにするのが大好きなんだと確信している」とコメントした。

「私は茶色のラブラドールを飼っている。私が何かをしろと言うと、彼はきっと私に中指を立てるんだ」と別の視聴者は言った。

「私:何かヒントがほしいと思ってこれを見ています。私も:ああ、私たちも同じ状況ですね」とコメントがあり、あるTikTokユーザーは「ああ、私たちと同じ訓練学校に通っていたんですね」と冗談を飛ばしている。

コメントする