男性が保護施設からグレート・デーン犬を引き取り、翌日犬が彼の命を救う

ニューメキシコの動物保護施設から犬が引き取られた翌日、職員たちはその犬を引き取った人から予期せぬ電話を受けた。保護施設では、引き取った人が家に連れて帰ったペットについて考えを変えるという、よく聞く悪い知らせよりも、アンドリュー・ブデック・シュマイサーは自分の命を救ってくれた犬を称賛する気持ちだけを伝えたかったのだ。

ブデック・シュマイサーさんは、友人からピーナッツが寄りかかるのに十分な背の高い犬を飼うよう勧められ、3月9日に動物福祉局からピーナッツを引き取った。彼は介助犬を飼っているが、歩くのが困難なため、もっと大きくて丈夫な犬の方が役に立つだろう。

ピーナッツを家に連れてきた翌日、ブデック・シュマイサーさんは外でグレート・デーンとピットのミックス犬と仲良くしていたところ、ピーナッツが転んで頭を打って気道をふさいでしまった。ピーナッツはすぐに助けに入った。

「私は何もできなかったが、ピーナッツはできた」と彼は語った。「ピーナッツは私の気道を確保し、私が呼吸が十分に回復すると、私を座らせてくれた。彼ともう一匹の犬は、私が回復できるように私を椅子まで運ぶのを手伝ってくれた。」

ブデック・シュマイサー氏は、事件中、ピーナッツと介助犬のベルは互いに意思疎通を図っていたと推測している。ベルはオオカミとの交雑種なので、ピーナッツのような力強さや身長はない、と同氏は説明した。

ピーナッツはブデック・シュマイサーの気道を確保し、再び呼吸できる体勢にしました。その後、2匹の犬が彼を椅子まで運ぶのを手伝いました。ピーナッツはブデック・シュマイサーの胸に頭をもたせながら彼のそばに座り、彼がまだ呼吸していて、再び倒れたりしないことを確認しました。

「犬が24時間以内に何をすべきか理解したり、必要なことを自発的に行うとは思っていなかった」と同氏は語った。「彼が何をしているのか分かったとき、私は自分の命と将来を彼の手に委ねざるを得なかった。彼を信頼せざるを得なかった」

その事件とベルから仕事のやり方を教わるまでの間、ピーナッツはずっと彼のそばにいます。ピーナッツはトカゲを追いかけるという自分のやりたいことをあきらめ、その代わりに常にブデック・シュマイサーの安全を守ることに集中しています。

ブデック・シュマイザー氏がこの信じられない瞬間から得た最大の収穫は、自分の命が救われたということではない。ブデック・シュマイザー氏は、ピーナッツが混雑した動物保護施設で 5 か月間待ったにもかかわらず、諦める代わりに保護施設が彼を引き留め、彼が誰かの人生を変えることができると理解してくれたという事実を振り返った。

「保護施設には、人々の生活に変化をもたらすことができる犬や猫がたくさんいます。彼らに必要なのは機会だけです」と彼は語った。「癒しは4本足でやってくるかもしれません。」

保護施設は、この驚くべき救出を聞いて感動しました。これは、動物を飼うことが関係者全員にとってメリットがあることをさらに証明しています。

動物福祉局は現在、永遠の飼い主を辛抱強く待っている700匹以上のペットを収容している。コーリー氏は、市の保護施設にいるすべてのペットの譲渡料は、避妊去勢手術、マイクロチップ、IDタグ、ワクチン接種を含めて免除されると語った。

アメリカ動物虐待防止協会によると、米国では毎年630万匹のペットが保護施設に収容されており、1日平均1万7,260匹に上る。24Pet Shelter Watch Reportによると、ペット保護施設に収容された犬と猫の数は2023年1月に4万6,807匹に達し、2022年1月と比較して1,744匹増加した。

毎年、約 92 万匹の動物が引き渡されて安楽死させられています。保護施設は、譲渡キャンペーン、避妊去勢プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

コメントする