ブルドッグが食べ物を求めて階下に降りて行かない理由にネットが大爆笑

パンケーキという名の2歳のイングリッシュブルドッグの動画がTikTokで話題となり、視聴者を笑わせている。動画では、パンケーキが階段を降りて食べ物を取るのを怖がっている様子が捉えられている。パンケーキは不気味な箱を「箱モンスター」と認識しているようだ。

「箱が大きくて新しい場所に置かれると、パンケーキは本当に怖がります。パンケーキは箱モンスターがいて、彼女を苦しめるためにそこに箱を置いたのだと信じていて、箱の近くにも近づこうとしないんですよ、と私たちは冗談を言っています」と飼い主は語った。

5月初めにTikTokでユーザー名「thebabypancake」で共有されたこの動画は、パンケーキが慎重に階段を覗き込み、餌入れに降りるのを躊躇している様子で始まる。その後、カメラは踊り場に置かれた大きな箱に向けられ、それがパンケーキの不安の原因となっているようだ。

ペットプランというウェブサイトによると、犬はさまざまな物や状況に対して恐怖心を抱くようになるが、その理由はいくつかある。社会化の欠如、過去の嫌な経験、あるいは単に犬の気質などが挙げられる。パンケーキの場合、大きくて見慣れない箱に対する恐怖心は、面白いが、本物の不安のようだ。

しかし、パンケーキの飼い主は、ブルドッグがいつもそんなに臆病なわけではないとすぐに説明しました。「パンケーキは、この記事を読んでいる人に自分が怖い犬だと思われたくないのです。箱が見慣れたもので、小さくて、空っぽであれば、彼女は何の問題もありません。そして、パンケーキ自身が復讐のために(そして遊ぶために)ボックスモンスターに変身します。」

パンケーキのこの遊び心のある一面も愛らしい。扱いやすい箱を前にすると、彼女は形勢を逆転させて主導権を握り、無生物の敵に対して遊び心のある復讐をしているように見える。彼女のおどけた行動は、恐怖からなのか遊び心からなのかはわからないが、オンライン上では彼女への愛着が高まっている。

この動画はすぐに話題となり、これまでに296,400回以上の再生回数と8,374件のいいねを獲得している。

ユーザーの一人、エジソンさんは「奥様、すぐに箱を撤去してください。さもないとサラ・マクラクランを呼びますよ」とコメントした。

ステフはこう言った。「パンケーキは、あなたが買い物依存症だと伝えようとしていると思います。」

メイ・ミッドウェストさんはこう書いています。「私がスモーカーボックスを使うと、私のバセットハウンドはグリルから出る煙を怖がります。」

コメントする