愛らしい里親犬が養子縁組イベントで無視された悲痛な理由

アメリカでは毎年何百万匹もの犬が飼い主に捨てられており、その多くは、特に障害を持つ犬は新しい飼い主を見つけるのに苦労しています。

ミネソタ州出身の障害を持つグレート・ピレニーズ犬のオラフは、その病気のせいで新しい家を見つけるのに苦労していると里親から明かされ、インターネット上で涙を流した。

5月初めにTikTokでユーザー名「wilfredthedestroyer」で共有された動画で、投稿者は子犬を3か月間保護した後、最近里親募集イベントに連れて行ったと述べている。子犬は家族から注目されたが、障害があると知るとすぐに興味を失った。

キャプションにはこう書かれている。「オラフは神経疾患を患っており、後ろ足が弱くなります。歩くことも、走ることも、遊ぶこともできますが、ふらつき、階段を上るのが苦手です。このため、オラフの永遠の家族を見つけるのは非常に困難です。誰も、特別支援が必要な大型犬を欲しがりません。」

アメリカ動物虐待防止協会によると、米国の保護施設には毎年630万匹のペットが収容されており、これは1日平均1万7,260匹に相当します。24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、ペットシェルターに収容された犬と猫の数は2023年1月に4万6,807匹に達し、2022年1月と比較して1,744匹増加しました。

毎年、約 92 万匹の動物が引き渡されて安楽死させられています。保護施設は、譲渡キャンペーン、避妊去勢プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

ASPCA によれば、毎年 92 万匹の保護動物が殺処分されており、そのうち少なくとも 39 万匹は犬、53 万匹は猫である。保護施設での譲渡の増加により、その数は 2011 年の約 260 万匹から減少している。

フォロー

オラフは神経疾患を患っており、後ろ足が弱っています。歩くことも、走ることも、遊ぶこともできますが、ふらつき、階段を登るのが苦手です。そのため、彼の永遠の家族を見つけるのは非常に困難です。誰も、特別支援が必要な大型犬を欲しがりません 😞 #minnesota #ndlbrescue #greatpyrenees #rescuedog #fosterdog

♬ Beautiful Boy Edit – 𝙇𝙖𝙣𝙜𝙪𝙁𝙞𝙡𝙢𝙨

この動画はソーシャルメディアで瞬く間に広まり、TikTok全体で視聴者を獲得した。これまでに同プラットフォーム上で158,300回以上の視聴と17,300件以上のいいねを獲得している。

あるユーザー、Robindawn1216さんは、「彼を連れてきて、私とグレート・ピレニーズのkhaleesiと一緒に暮らしたい」とコメントした。

Torrick&Booksさんは、「ああ、私は彼をとても愛しています。私はグレート・ピレネーのミックス犬を飼っていて、この犬種に惚れ込んでしまいました。特別なニーズがあっても怖くありません。でも、私たちは最上階の二世帯住宅に住んでいるので、階段が多すぎます」とコメントした。

PNW_SLAYER さんは次のように付け加えました。「彼を育ててくれてありがとう。本当に、世界はもっとあなたを必要としています。オラフが早く永遠の家を見つけてくれることを願っています!」

コメントする