新しい子猫に対する犬の激しい反応に笑いが起こる – 「決して乗り越えられない」

眠っている子猫の兄弟から目を離せない2匹のボーダーコリーに、インターネットでは夢中になっている。

コリーのロキシーとルナは、飼い主のアンナ・マルティネスさん(28歳)とともにアイルランドのキルデアで暮らしており、彼女が動物を救助するたびに、家に新しい猫が定期的にやって来る。

5月27日にTikTokでシェアされ、2日間で4万回近く再生された動画で、マルティネスさんは、ソファで安らかに眠るトラ猫のマリソルと、そのすぐそばでロキシーとルナが見つめる姿を披露している。

動画の中で、マルティネスさんはナレーションでこう語っている。「想像してみて。僕が犬で、しょっちゅう新しい猫を飼っていて、そのことを乗り越えられず、それがただの猫だということを決して受け入れることができない。特別なことじゃない。君は5匹くらい飼ったことがある。そして、猫は眠っている。」

この動画をさらに面白くしているのは、2匹の犬が小さな子猫を見つめる時の表情がまったく異なっていることです。1匹は真剣で心配そうな表情を浮かべ、もう1匹は顔に満面の笑みを浮かべます。

「犬たちは本能的に牧畜をしているので、当然常に猫がどこにいるか知っているはずです。猫の名前を呼べば、犬たちは猫を探しに行きます」と彼女は語った。

「この子猫が来るまで、彼らは私たちが最近保護したジョバニをじっと見つめていたんです」と彼女は付け加え、ジョバニは今「平和になって嬉しい」と冗談を言った。

子猫の友達に興味を持つのはコリー犬だけではない、と彼女は続けた。「猫たちは散歩のとき犬の後をついて歩きます。彼らは本当にみんな最高の友達なのです。」

マリソルを迎えてからわずか6日で、マリソルは「すぐに慣れた」という。マルティネスさんは「彼らはまだ子猫をじっと見つめている」と認めたが。

アメリカンケネルクラブ(AKC)はボーダーコリーを非常に聡明で、活発で、知的な犬と評し、牧羊犬コリーの鋭い視線に注目している。その視線は、眠っている猫に犬の一匹が向けていた視線と非常に似ている。

この犬種は遊び好きで、家族に対して愛情深く、変化に順応性があり、マルティネス家のように多くの新しい動物を家族に迎える家庭に最適であると記されている。

TikTokのユーザー数千人がこの動画に群がり、この動画にはすでに5000件近い「いいね!」が集まっており、コメント投稿者の1人は犬たちが「文字通り猫をまとめようとしている」と冗談を飛ばしている。

「うちのコリーも猫とまったく同じです」と別のユーザーは書いている。「猫はコリーがどこにいるのかを常に正確に把握している必要があります。」

ある人は冗談でこう言った。「翌朝、電子レンジでチンという音を待ちながら、私は中華料理をそのように見ているよ。」

そして、ある人はこう言いました。「何もしない猫をじっと見つめない人がいるだろうか。」

マルティネスさんは「これは私たちの小さな動物園の日常の一部に過ぎない」ため、「このビデオがこれほど注目を集めるとは思っていなかった」と認めた。

彼女の説明によると、現在、家族にはトラックのエンジンと食肉処理場で暮らしているのが発見された、保護された2匹の年老いた猫、ジョヴァニとフィルミノがいたという。

そして、コリー犬自体は「非常に悪いブリーダーから引き取られた」ものだった。

マルティネスさんは「昨年、我が家の年老いた猫を亡くしました。それ以来、どんな動物が来ても断らないようにしています」と語った。

コメントする