犬の健康に関する研究で避妊・去勢手術の時期が明らかに

科学者たちは、あまりに早期に去勢すると健康上の問題を引き起こす可能性があるという証拠が増えていることを踏まえ、犬の去勢時期に関するガイドラインを更新した。

カリフォルニア大学デービス校の研究者らは、この新しいガイドラインをジャーナルに発表した。 獣医学の最前線2013年に開始された研究で、ゴールデンレトリバーの去勢手術が早すぎると、特定の関節疾患やがんのリスクが高まることが示唆されている。そして今回、この分類にさらに5つの犬種が追加された。

獣医学部の主執筆者であるリネット・ハート氏とベンジャミン・ハート氏は、カリフォルニア大学デービス校の獣医病院で治療を受けた犬に関する10年以上にわたるデータを分析した。

彼らは特に、ジャーマン・ショート/ワイヤーヘアード・ポインター、マスティフ、ニューファンドランド、ローデシアン・リッジバック、シベリアン・ハスキーの5種類の犬種に焦点を当て、1歳になる前に去勢・避妊手術を行った場合の影響を分析した。

早期の去勢は、ジャーマン・ショート/ワイヤーヘアード・ポインター種のすべての犬において関節疾患のリスクを高めることが分かりました。これは、マスチフ種の雄犬にのみ当てはまりました。ニューファンドランド種の雌犬も、早期の去勢により関節疾患のリスクが高まりました。

メスのローデシアン・リッジバックの早期去勢も細胞腫瘍のリスクを高めた。

シベリアンハスキーには重大なリスクは見られませんでしたが、早期に去勢された雌犬には障害の兆候が見られました。

「代替パラダイムを検討するのは常に複雑です」と、学部副学部長で教授のリネット・ハート氏は声明で述べた。「これは、米国やヨーロッパの多くの国で長年行われてきた早期避妊去勢手術の慣行から、生後6か月までに去勢手術を行うというモデルへの移行ですが、早期避妊去勢手術による生殖腺ホルモンの減少と潜在的な健康問題との関連が見られるため、検討することが重要です。」

著者らは、去勢や避妊手術に関しては、個人に合わせた決定が必要だと訴えている。飼い主は手術を予約する前に、ペットの品種、性別、年齢を考慮する必要がある。

早期の去勢に関連する最も一般的ながんには、リンパ節、血管、肥満細胞腫のがんなどが含まれていました。

ガンと関節障害、そしてこの手術との関連は、ペットの性ホルモンの除去に帰着する。これらのホルモンは骨の成長板を閉じる役割を果たすと研究は指摘している。

これらの調査結果にもかかわらず、適切な時期に犬を去勢すると、前立腺疾患や子宮感染症など、将来の他の健康問題のリスクを大幅に減らすことができます。

また、行動や地域社会の福祉に関連する他の理由からも、この処置は推奨されています。行動面では、去勢された犬は徘徊したり、攻撃的になったり、縄張りを示すなどの問題行動を起こす可能性が低くなります。これはペットの個体数を制御するのにも役立ち、野良動物や不要な動物の数を減らし、保護施設での安楽死率の低下につながります。

「私たちは、人々と動物との関係に貢献することに力を注いでいます」と、名誉教授のベンジャミン・ハート氏は語った。「このガイドラインは、ペットの健康と幸福について最終決定権を持つべき飼い主に、獣医師が提供できる情報と選択肢を提供します。」

コメントする