女性が里親の子犬に一時的なタトゥーを入れ、子犬を「すごい奴」に変身させる

保護犬のタトゥーを映したTikTok動画は、その愉快なメッセージに視聴者を笑わせ、彼女を「すごい人」に変身させた。

5月25日にアカウント@pawruddに投稿されたTikTok動画で、彼女はタトゥーの入れ方を説明している。タトゥーは毛のない素肌に入れなければならない。人間のタトゥーと同様に、濡れたペーパータオルで濡らして紙をはがす。タトゥーには中指を立てている漫画の犬の絵と「これを取ってこい」という文字が描かれている。

その結果、彼女は数秒のうちに無邪気な子犬から「すごい子」に変身しました。しかも、小さなタトゥーではありませんでした。子犬のお腹のほぼ全体を占めていました。

ディエム氏は、タトゥーを長時間つけたままにせず、除去にはココナッツオイルを使うようにとアドバイスした。

このTikTok動画はすぐに300万回以上の再生回数、328,700件の「いいね!」、959件のコメントを集め、ペットの飼い主たちに自分の犬に対しても同じことをするよう促した。

「うわー、待って!私には毛のない犬がいるの。このハロウィンにはタトゥーを入れてもらうわ」とある視聴者はコメントした。

別のユーザーは「犬をひっくり返して、タトゥーを入れられるか試してみた」と付け加えた。また別のユーザーは「犬のお腹にこんなにスペースがあるんだと気づいたよ(笑)タトゥーを入れてもらうよ!」と書いた。

ある人はこう言った。「ハーパーは間違いなくすごいよ!」

しかし、あるユーザーは冗談めかしてこう警告した。「絶対にそんなことをしてはいけません。そうしないと、子犬が反抗的になり、愛情が強すぎてあなたの意に反して家を乗っ取ってしまうかもしれませんよ!」

専門家はどう考えているか?

「私たちは時々、犬に永久的なインクでタトゥーを入れますが、これは去勢手術を受けた犬だと識別できるようにするためです」と彼女は言う。「これは主に保護施設で行われ、小さな線のような小さなタトゥーです」

害がなく楽しいように思えるが、サイモンさんは犬にとってメリットがないと判断してこれを勧めない。犬が舐めて化学物質を摂取してしまうかもしれないと心配しているのだ。ディエムさんは、自分が使ったタトゥーは無毒で、食品医薬品局が認可した植物由来のインクでできていると語った。

サイモン氏は、犬はタトゥーに対して皮膚炎や炎症などの悪影響が出る可能性があると述べた。また、敏感な犬は痒みを感じる可能性があり、アレルギー反応を起こすリスクもわずかながらある。

コメントする