専門家によると、あなたの犬があなたと絆があるかどうかを知る方法

ある犬の飼い主が、自分の犬が飼い主との間に強い絆を築いているかどうかを他の飼い主が知る方法を共有しました。

ゴールデンレトリバーの飼い主ミカさんは、飼い主が愛犬との絆を判断する際に注意すべき5つのサインを紹介した。ワシントン在住で、オンラインでは@goldenpup.mikaとして知られるこの飼い主は、5月13日にTikTokに動画を投稿し、5つのサインをそれぞれ説明した。その一部は、人間が愛情表現する方法に似ている。

飼い主がまずすべきことは、犬が家でもどこでも飼い主の後をついてくるかどうか注意することだ。「犬は飼い主を保護者とみなし、飼い主のそばにいると安心するのです」と、認定ドッグトレーナーとして働く投稿者は、動画に重ねてテキストで書いている。この行動は、犬が飼い主を信頼し、安心感と仲間として頼りにしていることを示している可能性がある。

Instagramでシェアされた投稿

「この行動は、犬が飼い主の存在に安心感を覚え、一人でいるよりも飼い主と一緒にいることを好むことを示しています」とホーニマン氏は言う。

ミカの飼い主が挙げたもう一つのサインは、犬が飼い主の隣で腹を上にして休むことだ。「腹を上にして眠るのは、飼い主を完全に信頼している証拠です」と投稿者は述べた。

この無防備な姿勢は、犬が飼い主の存在に安心感と安らぎを感じていることを示しており、深い絆を表しています。犬が飼い主の近くにいることとその周囲の安らぎのレベルを結びつける方法は、ほとんどの人間の行動とまったく同じです。

「絆を深めたり関係を強めたりすることに関しては、人間と犬は非常に似た感情を抱いている」とウィンター氏は言う。

ミカの飼い主は、犬は愛する人の服の上に寝転ぶことでも愛情を示すと付け加え、それがペットが洗濯物の山の上に座っているのがよく見られる理由を物語っている。

「犬は飼い主の匂いを通して飼い主とつながりを保ちたいのです」とポスターには書かれている。犬は強い嗅覚によって飼い主の匂いに安心感を覚え、飼い主が物理的に近くにいないときでも飼い主の近くにいたいと思うのである。

一緒に寝るのは強い絆の証だとミカの飼い主は話した。トレーナーによると「犬が一緒に寝ると、家族のように思ってくれます」とのこと。ベッドを共にすることは、飼い主の近くにいたいという犬の願望の表れであり、帰属意識と安心感を強めてくれる。

最後に、もしあなたの犬があなたの目をじっと見つめているのを見かけたら、それは深い感情的なつながりを意味している可能性があります。この行動は、犬が飼い主に強い愛着を感じており、絆を深めるためにアイコンタクトを求めていることを示しています。ミカの飼い主は、これらのサインを理解することで、飼い主は犬との絆を認識して強化し、愛情深く安全な関係を確保できると付け加えました。

5万件以上の「いいね!」を集めたこの動画は、ペットが愛情を示す方法についてネット上で議論を巻き起こした。

あるユーザー@st1nkyferret1はこう書いている。「私は犬をたくさん飼っていますが、どの犬も私と絆が深いんです!私がするすべての行動が集団行動です!トイレに行くのも一苦労です。」

別のユーザー@ultimate_taurus_primeは、「うちの子も全部やります。でも、私の隣に寝て、暖かくなって蹴りを入れたり、『私は動かないから、パパも動かなきゃ』みたいな顔で私を見たりもします(大笑い)」と付け加えた。

3人目のユーザー@hart2hart2479は、「うちの犬は、食べ物以外はすべて私を信頼してくれています。数か月前に引き取った保護犬で、まだ問題解決に取り組んでいるところです。」とシェアした。

コメントする