「個人的なヒタキ捕り」のポメラニアンが今週のペットに選ばれる

今週は、愛らしい寝姿のレパートリーを持つ猫と、飼い主がボールを隠したと思って大騒ぎする犬を見ました。

あなたのペットを来週のラインナップに加えたい場合は、この記事の最後に記載されている手順に従って参加してください。

勝者

今週のペット・オブ・ザ・ウィークは、3歳のポメラニアン犬グー(略してグローグー)で、「ヒタキ」という心温まる称号を得ています。

この遊び心のある習性は、彼の用心深く活発な性格をよく表しており、ワッサーマンさんが共有した動画では、グーが白い先端の耳を潜望鏡のように動かしながら、空中のハエを食べている様子が映し出されている。

グーは体重が5ポンド弱で、小柄だが強靭で気性の激しい犬です。

彼の好きなことは、家族と一緒に過ごすことと、ふざけて噛む真似をすることです。ただし、実際に誰かを噛んだことはありません。

グーは、兄貴分である白いラブラドール犬をとても可愛がり、顔や足、耳を何時間もかけて掃除していました。最近、親友が亡くなって以来、グーは少し悲しんでいます。しかし、飼い主が見つけられるように家中におやつを隠したり、毎日の散歩を楽しんだりする変わった習慣は今も続けています。ただし、抱っこして帰って欲しいとよく要求します。

ファイナリスト

今週の最初のファイナリストは、オーナーのマリリン・バチェラーさんと暮らすクロエとサーシャです。

クロエはマルチーズのミックス犬、サーシャはチワワのミックス犬で、どちらも保護犬です。

今週の次のゲストは、8歳のアンガスと7歳のオーウェンの猫2匹です。

11月に近くの保護施設で飼い主のエレン・マクネットさんと出会い、2匹は彼女らと一緒に暮らすようになった。

2匹は別々に来たにもかかわらず、すぐに仲良くなり、仲の良いペアになったので、マクネットさんは2匹とも引き取ることにしました。

「確かに、猫たちは一緒に幸せそうに見えます。猫用ベッドが2つ並んでいるのに、1つのベッドに一緒に潜り込むことを選ぶことが多いんです」と飼い主さんは話した。

どちらの猫も FIV、つまり猫免疫不全ウイルス (FIV) に感染しています。これは猫のウイルス感染症で、免疫系を弱め、他の感染症にかかりやすくします。人間の HIV に似ており、主に咬傷によって感染します。

それにもかかわらず、2匹とも元気で、マクネットさんの世話を受け、毎日一緒に過ごしている。

今週最後にご紹介するのは、飼い主のアリソン・カプランさんと暮らす1歳の「ショーキー」ことシーズー/ヨークシャー・テリアのドッティーです。

コメントする