女性がたった一つの簡単なトリックで愛犬の「嵐の不安」を解消した方法

犬に雷を恐れるのではなく楽しむことを教えた女性が、嵐に対する犬の反応が話題となり、称賛を浴びている。

テイラー・ユーバンクスさん(30歳)は、4歳のボーダーコリーのノヴァと一緒にテキサスに住んでいる。彼女は最初から、ノヴァが以前の犬たちと同じような恐怖心を抱えて暮らすことはしないようにしようと決めていた。

5月3日にTikTokアカウント@duckn_aroundで共有された動画では、ノヴァがリビングルームでくつろいでいるところ、突然大きな雷鳴が聞こえてくる様子が映っている。

ほとんどの犬はすぐに身をすくめたり隠れたりするが、ノヴァは飛び上がって近くのボールを拾い、ユーバンクスさんのそばに落として投げさせた。

ユーバンクスさんは動画に「私は犬に雷を恐怖ではなく遊びと関連付けるように訓練した。犬は課題を理解した」とキャプションを付けた。

子犬の頃、ノヴァは「嵐を全く恐れなかった」が、「犬が年を取るにつれて嵐に対する不安がひどくなるので、私はこの問題に先手を打って、それを防ぐために何かをしようと決めた」という。

「雷の音を何かポジティブなものと関連付けようというアイデアがありました。ノヴァはボール遊びが大好きなので、これは簡単な選択でした」と彼女は語った。

ユーバンクスさんは、ノヴァが生後8週間の子犬だったときから、「雷鳴が聞こえるたびに、とても興奮してノヴァとボール遊びをしていました」。

ユーバンクスさんは、仕事の途中であろうと、来客があろうと、トレーニングに熱心に取り組み、それが功を奏した。

「雷が大きくなればなるほど、彼女はおもちゃを早く持って来てくれる」とユーバンクスさんは言い、それは「とても面白い」ことであり、以前の犬たちとは大きな違いだと付け加えた。

「彼女は土砂降りの雨の中でも犬用ドアから飛び出します。彼女にとって嵐は遊びと同じだからです」と彼女は言った。「それが有利かどうかはわかりませんが、私はそれでいいと思います!」

アメリカンケネルクラブ(AKC)は、犬が雷雨に対して本能的に反応する傾向があるのは、大きな音に敏感な強力な聴覚など、複数の理由からだと示唆している。犬はまた、気圧の変化や静電気など、人間が気づかないようなものにも敏感である。

AKCは、犬が大きな音を恐れて避難したくなるのも本能だと付け加えている。AKCは飼い主に対し、雷雨の際には犬が安全に隠れられる場所を用意し、刺激を減らすためにバックグラウンドノイズを流し、おもちゃやおやつで犬を落ち着かせるよう促している。

ユーバンクスの動画には8万9000件以上の「いいね!」がついたが、この動画のコメント欄には何百人ものTikTokユーザーが集まり、あるユーザーは「素晴らしいアイデアですね!シェアしてくれてありがとう!」とコメントした。

「これは本当に天才的! すごい」と書いた人もいれば、「子犬の頃は嵐のたびに外に連れて行って雨の中で踊らせていた。今では雨が降るたびに外に出て泥の中で遊びたいとせがむ」と回想する人もいた。

数え切れないほどの人が直接こう尋ねました。「どうやってそれをやったのですか?」

しかし彼女は、嵐を怖がる愛犬の飼い主に、遊んだり、おやつを与えたり、褒めたりして試してみるよう促した。

彼女はこう締めくくった。「他の人も自分の犬に同じ方法を試してくれるといいのですが。」

「たとえ嵐の夜によだれまみれのボールで起こされることになったとしても、私の娘は嵐を心配する必要がないとわかって安心しました!」

コメントする