犬を救うために古い人生を捨てた

荷物をまとめて、友人や家族に別れを告げ、保護犬を救うために旅に出るという決断は、決して簡単にできたものではありませんでした。

それは、動物に対する根深い情熱と、動物たちの生活に具体的な変化をもたらしたいという強い願望から生まれた決断でした。私はずっと動物好きでしたが、初めて保護施設を訪れて初めて、私の情熱が始まりました。

自分たちを必要としない世界に生まれてきたこと以外、何も悪いことをしていないこれらの無実の動物たちを助けるために、もっと何かできることがあるはずだという思いが拭えませんでした。

そこで私は、できるだけ多くの動物を救うことに人生を捧げようと決心しました。何時間も車を運転して、国中を横断する旅に出発しました。地元の複数の保護施設に履歴書とカバーレターを送り、どこかに空きがあればと願いました。

ある保護施設から面接に来るよう電話がかかってきたときは、とても興奮しました。私は大喜びして、その役職を喜んで引き受けました。保護施設を一時的な家と呼んでいる動物たちの生活に変化をもたらすのが待ちきれませんでした。

面接の後、私はシェルターでの仕事を紹介され、そこから私の旅が始まりました。

私は犬たちを一匹ずつ、悲惨な運命から救いました。捨てられたり、虐待されたり、放置されたりした犬もいましたが、過密状態の保護施設で単に無視されていた犬もいました。

ある日、仕事場へ歩いて行くと、犬舎から騒ぎが聞こえてきました。気になって近づいてみると、首にチョークチェーンを巻かれて怯えているジャーマンシェパードがいました。

彼は体重が軽く、有刺鉄線が首に食い込み、長い鎖のリードにチョークチェーンが取り付けられた状態で保護施設にやって来ました。有刺鉄線は切断できましたが、その時はチョークチェーンを外すのに苦労しました。

彼は吠え、飛びかかり、近づく者には噛みつくので、里親探しをする人にとっては難しいケースでした。彼は攻撃的な行動のため緊急犬リストに載せられていました。恐ろしい態度にもかかわらず、彼の目には私の心の琴線に触れるものがありました。私は彼を助けなければならないと分かりました。

私はケージにゆっくりと近づき、かわいそうな犬に危害を加えるつもりはないと安心させようとしました。しかし、近づくとすぐに、犬はパニックに陥って目を見開き、突進してうなり声を上げ始めました。犬がトラウマ的な経験をしたことは明らかで、信頼を得るには多くの時間と忍耐が必要でした。

私は何時間もケージのそばに座って、犬に優しく話しかけたり、おやつを与えたりしました。また、回復用リーシュと呼ばれる道具を使って、犬の首の敏感さにも対処しました。

徐々に彼はリラックスし始め、ボディランゲージの緊張も和らぎました。ついには、ケージのドアを開けて庭に一緒に行くことを許してくれるようになりました。それは小さな勝利でしたが、私にとっては大きな意味がありました。

それから数週間、私は暇な時間はすべてジャーマンシェパードと過ごし、信頼と愛情の絆を築きました。彼の首からチョークチェーンを外し、快適な首輪に取り替えました。日が経つにつれ、彼の目の恐怖は薄れ始め、希望と喜びのきらめきがそれに取って代わりました。

ついに、彼が養子に出せる日が来ました。彼はまだ緊急犬リストに載っていましたが、彼を外の世界に連れ出すことで、そのリストから彼の名前を消すことができるだろうと私は知っていました。彼は私たちのコミュニティの学生と初めての「日帰り旅行」に出かけました。彼らは保護施設で初めて会い、一緒にハイキングに行くことになりました。彼は彼女にとても愛情を込めて挨拶しました。それは彼が初めて見知らぬ人に会って現実の世界に出た時でした。

彼が新しい友達と去っていくのを見ながら、私は誇りと感謝の気持ちを感じました。 彼が経験した恐ろしい出来事にもかかわらず、ジャーマンシェパードは信頼と愛を取り戻す道を見つけました。 彼の名前は緊急犬リストから削除され、安楽死の話し合いはなくなり、彼は今や養子縁組の対象になっています。

彼は驚くべき進歩を続けており、私は彼の旅路に少しでも貢献できたと感じていました。私は、彼が無条件に愛してくれる家族を見つけるまで、常に彼と一緒にいることを約束しました。

私の仕事には、怯え、無視されていた犬たちが幸せで健康なペットに変わっていくのを見る喜びと勝利の瞬間がある一方で、救おうと全力を尽くしたにもかかわらず、命が尽きてしまった犬たちに出会うと悲痛な瞬間もあります。

私の仕事で最もやりがいを感じるのは、安楽死リストに載っている犬たちを救うことができることです。こうした動物たちは、行動上の問題や健康上の問題から見過ごされ、引き取ることができないとみなされることがよくあります。しかし、私の訓練と専門知識により、こうした犬の多くをリハビリし、幸せで健康なペットになる手助けをすることができました。かつては忘れ去られていた犬たちが、愛情あふれる永遠の家を見つけるのを見るのは、本当に心温まることです。

保護犬を助ける私の旅は、成長と学び、そして思いやりの旅でした。振り返ってみると、私が与えた影響と救った命を誇りに思います。私は古い人生を捨てたかもしれませんが、そうすることで、新しい目的とより大きな充実感を見つけました。

私は声を上げられない人々や弱い立場の人々のために、そして自分自身で声を上げることができない人々のために戦い続けます。そして、救助を必要とする犬たちがいる限り、私はその呼びかけに応えます。

Marlena Piacenza は、サンタバーバラ郡動物サービスの動物福祉専門家および保護施設行動専門家であり、複数の保護犬行動認定資格を持ち、行動上の問題を抱えて緊急リストに載っている犬たちを支援しています。

表明されたすべての見解は著者自身のものです。

ユニークな体験や個人的なストーリーをお持ちですか? 読者投稿ガイドをご覧の上、My Turn チーム (myturn@newsweek.com) にメールしてください。

コメントする