車内で食事を強いられたオーナーが「平和に一食」食べられない理由を語る

物乞いの顔で一挙手一投足を見張られることなく食事を楽しむための犬の飼い主の秘策は、期待通りにはいかなかった。

ユーザー@stuff.bosco.eatsが4月9日にインスタグラムに投稿した動画では、犬の飼い主が食べ物を買った後、車の中に座っている。ゴールデンレトリバーのボスコがいつも人間の食べ物をねだっていることをよく知っていた飼い主は、車の中で食事を終えるのが最善だと判断した。しかし、どういうわけかボスコは裏切られたと感じていた。

ボスコは、車道を最前列から眺められるよう窓の横に座り、近づいてくる車を監視していた。飼い主が戻ってきたことに気づいたボスコはすぐに疑いを抱いた。しかし、飼い主は車から降りず、犬の睨みやボスコが期待を込めてかじろうとする姿から離れて「平和に一食」をしたいと願っていた。

オーナーの平和に食事をする計画はほぼ成功しました。その考えはありましたが、ボスコは油断していなかったため、すべてが明らかになりました。オーナーが自分抜きでチーズバーガーをむさぼり食うのを、ボスコは窓からうんざりしながら見つめていました。

この投稿をInstagramで見る

BOSCO | GOLDEN RETRIEVER 🐾 (@stuff.bosco.eats) がシェアした投稿

動画ではボスコの顔がズームインして映し出されている。ボスコは怒っているというよりはがっかりしているようだった。飼い主はボスコを家に残し、食事も彼抜きでとったため、ボスコはもう愛されていないと感じたのだろう。犬は、ちょっとした不便さで飼い主をひどく落ち込ませる術を知っている。

幸運なことに、飼い主はコメント欄で、ボスコは飢えていなかったし、無視もされていなかったと再確認しました。ボスコの物乞いの目は飼い主の心を掴み、ボスコはまさに望んでいたものを手に入れました。

「ボスコは最後に大きな一口を食べた。あの顔には抗えない」とコメントには書かれている。

この面白いインスタグラム動画は、水曜日の時点で260万回以上の再生回数、95,400件の「いいね!」、767件のコメントを獲得した。

「彼は窓から匂いを嗅いでいる」と視聴者はコメントした。

ある人が「もっと道沿いに駐車した方がいいよ」と提案した。そうすればボスコは所有者の不正行為に気づくことはないだろう。

「私が車道で食べているのを犬が見たら気が狂うでしょうね(笑)」と別の人は言った。

あるTikTokユーザーはこう書いている。「彼はあなたの選択を判断していて、あなたが家に戻ったとき、間違いなく『あの表情』をされるでしょう。彼は自分の主張を証明するために、あなたの靴の片方を食べようと考えているのです。」ペットの飼い主は、あの特定の『表情』をよく知っている。

コメントする