特定の言葉に対する犬の反応がネットで話題に:「ダックスフントらしい」

ダックスフントが「うん」という言葉を聞いて面白い反応をするTikTok動画 リーシュ この犬種の魅力的な癖を紹介し、視聴者を魅了しました。

ユーザー@mammamiadoxie1が日曜日にシェアしたこの話題の動画では、リード嫌いを独特な方法で表現する元気なダックスフントのミアが主役だ。

マンションに住んでいるミアは、一日に何度も外に出る必要があるが、マーシャルが「リードをつかむよ」と言うのを聞いても、彼女の反応は、決して乗り気ではない。

「私がリードを掴むのを見ると、ミアはすぐにソファーの下に隠れます」とマーシャルさんは言う。「ミアが外に出るのが嫌いなわけでも、ハーネスがきつすぎるわけでもありません。主な理由は、彼女が時々頑固になるからです。ダックスフント特有のものです。」

動画では、マーシャルがリードを取りに行く間、ミアがソファの下に駆け込んで隠れる様子がユーモラスに映し出されている。ミアを誘い出すために、マーシャルはスウィッファーを使う。これは、おやつが効かなくなった後に編み出された戦術だ。

「ソーシャルメディア上の人々は時々パニックに陥るので、彼女を殴ったり、そういったことをするつもりはないという免責事項をビデオに書き込まなければならなかった」とマーシャルさんは語った。

この行動は、多くの犬の飼い主にとって、より広範な問題を浮き彫りにしている。アリゾナ州のイーストバレー動物病院によると、犬の中にはリードに嫌悪感を抱き、散歩が困難になる犬もいるという。ミアの場合は恐怖心よりも頑固さが原因だが、犬の行動に関するこの洞察は重要だ。

「幸いなことに、犬がリードに対してより肯定的な認識を持てるように手助けできる訓練を受けた専門家がいます」と病院のウェブサイトの記事には書かれている。

この動画はソーシャルメディア上で急速に広まり、455,200回以上の再生回数と38,500件以上の「いいね!」を獲得した。

ユーザーのOrganicgarlichummusさんは、「うちの犬も同じことをするんだけど、シートベルトを締めた瞬間に興奮して出発するんだ。理解できないよ」とコメントした。

Jesskirkpatrick69 さんは次のように書いています。「うちの犬も散歩が大嫌いで、散歩の途中でリードから外れて、自分で家に帰ってしまうほどです。」

モニカさんはこう語った。「うちの犬も昔はそうでした。一人で外に出るには、忍耐とおやつ、そしてたくさんのダンスが必要でした。でも、その価値はありました!リードをつけられても興奮しませんが、少なくとも自分の運命を受け入れています。」

コメントする