犬の飼い主が捨てた相手にメッセージ「あなたがいなくなった方が幸せ」

あるペットの飼い主が、その犬を捨てた前の飼い主に、彼らのひどい行為が幸運の裏返しになったことを伝えようと、ソーシャルメディアを利用した。

ムースは、虐待を受け続けた人生で足を骨折し、足を引きずりながらバス停に捨てられているのが発見されました。幸いにも彼は救出されましたが、再び愛されるようになるまでには時間がかかりました。ムースは足の骨折を治すために鎮痛剤を飲み始めましたが、歩くのにはまだ苦労していました。食べ物を食べるには横にならなければなりませんでした。救うことは不可能だったため、チームは犬の足を切断しました。

TikTokユーザーの@moose.the.tripawdさんは、ムースの前の飼い主に、ムースが精神的にも肉体的にも苦痛を味わったにもかかわらず、その後人生をやり直したと伝えたいと考えていました。ムースは再び歩くことを学び、人間から真の愛を受けました。

キャプションにはこう書かれている。「彼を捨てた人へのちょっとしたメッセージ。彼はあなたがいないほうが幸せだよ。」

バス停で降ろされたのはムースにとっておそらく最悪の日だったが、それが人生最高の日になるとは彼は知らなかった。

救出されて以来、ムースは初めて雪を経験し、ハイドロセラピーも始め、水泳が大好きになりました。彼はパピースクールを卒業し、再び歩くことを覚えてからは、散歩は元気いっぱいで、少し泥だらけです。動画で見られるように、彼は汚れることを恐れません。

ムースは、イギリスで義務付けられている公共の場で口輪を着ける生活に順応した。政府は2023年末、XLサイズのブルドッグの飼い主に公共の場ではリードを使い、犬に口輪を着けることを義務付ける法律を制定した。この禁止令によってムースの動きが少しも鈍ることはなく、飼い主と一緒にアウトドアを楽しみながら探検を続けている。

視聴者の反応

人々は、他の動物と同じように、彼が捨てられたと聞いて心を痛めました。TikTokでの彼のストーリーは、42,800回以上再生され、6,190件のいいね、239件のコメントを獲得しました。

「本当に美しい子です。本当に大変な思いをしてきました。彼を救ってくれてありがとう。これから先もずっと幸せな日々が続きますように」と視聴者の一人はコメントした。

2人目のTikTokユーザーは「人間は動物にふさわしくない。どうしてペットを捨てられるのか理解できなかった。助けてくれてありがとう」とコメントした。

別のユーザーはこう付け加えた。「私は泣いていた。そして泥が転がるのを見て笑った。本当に美しかった。」

コメントする