ペットカメラで犬の行動を飼い主が無力なまま見守る恐怖: 「獣医ビル」

ある女性は、飼い犬が500ピースのジグソーパズルをゆっくりと食べているのを、なすすべもなく見守るしかなかった。

多くの犬の飼い主は、普段はどんなに行儀良くしているペットでも、食べてはいけないものを食べるなどして、時には大惨事を起こすことがあると言います。子犬の頃の靴からチョコレートまで、犬にとって危険なものは年齢に関係なく、子犬の安全を守るために注意深く見守ることが不可欠です。

続きを読む: ペットオーナーに最適なポイント還元クレジットカードを比較

残念なことに、TikTokユーザーの@jakkitheblacklabさんは、犬がジグソーパズルに取り組んでいる様子を注意深く見ていたが、仕事場のカメラから見ていたため、何もできなかった。

フォロー

私が何度も「NO」と叫んでいるのに、完全に無視されてカメラを見つめながら噛んでいる

♬ イン・ザ・ムード – グレン・ミラー

6月1日にTikTokで共有された動画では、リビングルームに設置されたカメラに映っている犬のジャッキーが、ジグソーパズルを1つずつ自分で食べている様子が映っている。ジャッキーは急ぐ様子はなく、時には横になってパズルのピースをかじり、立ち上がってまたピースを手に取ることもある。

ある場面で、ジャッキーは食事を続ける前にカメラを見つめている。その動きはキャプションで次のように説明されている。「私が何度も「NO」と叫んでいるのに、食べながらカメラをまったく無視して見つめているんです。」

飼い主は動画の中で、「私が獣医の診療費を稼ぐために働いている間、うちの犬は500ピースのパズルランチを勝手に食べている」と書いている。

コメント欄では大きな議論があり、ある人は自身の体験を次のように共有した。「うちのチョコレートラブラドールは昨日ガレージに行き、植物を植え替えるために入れたバケツから培養土を食べ始めたんだ…なんてこった。」

あるユーザーは、自分の犬が「爆竹一箱」を食べたのを思い出したと投稿し、獣医は後に「その日はペットを火から遠ざけるべきだ」と言った。

「パズルのピース、チップスみたい。1枚だけではだめ」とコメントした人もいれば、「仕事中に彼女のためにシャルキュトリーボードを作ってあげるなんて、なんて優しいの!」と書いた人もいた。

ある心配したユーザーはこう尋ねた。「ちょっと待って、この件で本当に犬を獣医に連れて行ったの? うちの犬はいろんなものを食べるから、気になっただけなの!」

犬は手に入るものなら何でも食べますが、だからといって食べてはいけないというわけではありません。アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)は、アボカド、チョコレート、カフェイン、ココナッツ、乳製品、ナッツ、生肉、塩辛い食べ物など、人間の食べ物を犬が食べてはいけないものとして挙げています。

多くの物と同様、獣医にかかる費用も近年インフレにより値上がりしている。Dogster によると、定期検診の費用は 50 ドルから 250 ドルだが、緊急手術などの専門治療には最大 8,000 ドルかかることもある。

犬が「異物」を飲み込んだ兆候としては、えずく、唇を繰り返しなめる、食事を拒否する、無気力になる、排便ができない、などがあります。

パズルのピースのような小さな物は犬に害を及ぼさないかもしれませんが、アメリカンケネルクラブは、犬が何か危険なものを食べた兆候として、嘔吐、下痢、食欲不振、吐き気、過度のよだれなどの症状に注意するようアドバイスしています。

しかし、ジャッキーと飼い主の財布にとって朗報なのは、その後更新された動画で、飼い主が10分以内に家に帰り、パズルを捨てたところ、ピースのほとんどが食べられるのではなく噛まれていたことがわかったことだ。

ジャッキーは「まったく病気にならず」、獣医に行く必要もなく、「まだ夕食を食べたい」という状態だった。

コメントする