家に一人ぼっちの犬がペットカメラを使って「ママとパパ」に仕事から帰るように懇願

外出するときに愛犬の目が悲しそうな表情を浮かべるのを見るだけでは飽き足らず、飼い主の中には、留守中に何が起きているのかを観察するためにカメラを設置する人もいます。その結果は、本当に人を悲しませることがあります。

1 歳のアメリカのいじめっ子ブロディの両親は、仕事中に彼を監視するため、自宅に防犯カメラを設置しました。両親が彼の姿を見ることができるとわかっているブロディは、一人で家にいるときに自分がどうしているかを両親に知らせたがり、悲しい話をする傾向があります。

ブロディのアカウント@cutestpup_brodyに5月30日に投稿されたTikTok動画では、ブロディがカメラの前に立って、キャンキャンと鳴いている。カメラを通してママとパパとコミュニケーションを取っていた。ただ、会話というよりは、物乞いをしている感じだった。

キャプションには、「ブロディがママとパパに仕事から帰ってきて欲しい時は…カメラの前に立って話します。」と書かれている。

ブロディは一人で家にいるのにうんざりしていました。彼は飼い主がすぐに帰ってきて欲しい、そして自分の声がはっきりと聞こえるようにして欲しいと思っていました。

幸運にも、彼の苦しみは長くは続かなかった。飼い主はコメント欄で、ブロディは「たくさんのハグとキス」を受けたとシェアした。

飼い主さんも、ブロディがこのようにカメラに向かって泣いたことを責めなかった。

視聴者は何と言ったでしょうか?

ブロディの壮大な悲痛な物語はすぐに注目を集め、TikTokで100万回以上の視聴、166,700件のいいね、2,617件のコメントを獲得した。

「私ならすぐに仕事を切り上げて家に帰る。『すみません、上司。犬が私を家に呼んでいるんです』」と視聴者の1人がコメントし、もう1人は「うわー、今まで聞いた中で一番かわいい癇癪だわ。うちの息子も癇癪を起こしている」とコメントした。

誰かがこの犬が伝えようとしていたことを書きました。「犬のおやつがなくなったから、帰りにお店に寄って買ってきてくれる?」いい子でいるためにはおやつが余分に必要になるだろう。

別の人はこう話した。「仕事中に携帯電話を使っているのが見つかったので、ブルドッグと話しているところを上司に見せました。ブルドッグをオフィスに連れて来るようにと家に帰されました。その日は勤務3日目でした。」誰もがそんな幸運に恵まれれば良いのに。

コメントする