犬は飼い主が厳しい条件を守った場合にのみ食べる:「とても奇妙」

ある犬が、そのおかしな食習慣のせいで、ネットの視聴者を大笑いさせている。ほとんどの犬は掃除機の大きな音が大嫌いだが、一匹の子犬は例外だ。

ナターシャ・コンスタンチノウ(@cocoandstark)さんは、妹の犬で5歳のチョーキーのエンゾが、飼い主が掃除機で掃除してくれない限り、食事を拒否する様子をシェアした。

チョーキーはチワワとヨークシャーテリアの交雑種で、元気いっぱいの小型犬です。

244,000回以上再生された面白い映像の中で、ナターシャの妹、ステファニー・コンスタンチノウは、シャーク掃除機のライトに照らされた犬がドッグフードをむさぼり食べる様子を撮影した。

「彼は人間が大好きです。彼は変わった性格をしています。彼はサメのフーバーが出てくるときだけ食べます。私たちはブルースと呼んでいます。 ファインディング・ニモ彼はボール遊びをするときにキッチンから後ずさりして出てきてしまいますし、赤ちゃんのように抱っこされたり、親が上がって隣に立って応援したりしない限り、階下に降りてきません。」

ステフィーココ

公平に言うと、私もあのスロッジを食べたくないわ🤣🥲 #dogsoftiktok #スポンジボブ #weirdpets

♬ オリジナルサウンド – スポンジボブのバックグラウンドミュージック

カリフォルニア州のペット用品店「アニマルズ・マター」によると、掃除機が発する高周波音が犬の耳を傷つけ、ストレスを与える可能性があるため、多くの犬が掃除機を怖がるという。

エンゾとは違い、愛犬が掃除機を怖がる場合は、掃除機の電源が切れているときに犬を掃除機に近づけ、犬が見ている前で動かさずに電源を入れるなどの対策を講じることができる。そして、犬が落ち着いて反応したら、おやつをたくさん与えてご褒美を与えるとアニマルズ・マターは付け加えた。

ティックトックでステフィ・ココというハンドルネームを使うエンゾの飼い主が投稿した別の動画では、犬が立ち上がって満杯の餌の入ったボウルを見つめている。すると飼い主が食器棚から忠実な掃除機を持って出てきて、掃除機のスイッチを入れる。するとエンゾは、心地よい掃除機の音とともに、嬉しそうに食事をむさぼり食い始める。

ユーザーは、この犬の食習慣に大騒ぎした。

ネッド・グレンはこう尋ねた。「食事中に少年にちょっとした雰囲気を与えるというのは、要求しすぎでしょうか?」

ペットの面白い食事の様子をシェアする人もいた。オーウェンさんは「うちの犬は家族全員が家にいるときだけ食べます」とコメントした。

マディ・グレースさんはこう付け加えた。「今日は犬に食べさせるために手で餌を与えなければならなかった。」

ルーシー・アンさんはこう付け加えた。「上の娘は下の子が同じ部屋で食事していない限り食べません。下の子が自分の食べ物を狙ってくることを知っているからです。」

あるユーザーは、犬が掃除機の音をとても心地よく感じていたことに驚きました。

メリッサ・Wさんは「犬はみんな掃除機から逃げるようにプログラムされていると思っていたので、とても混乱しています。ハードリセットが必要だと思います」と投稿した。

コメントする